So-net無料ブログ作成

瑞鳳殿と塩釜神社 [旅行風水☆北東方位]

明日(5/1)は、今年3回目の10倍デー。今回は1泊2日で北へ行く予定です。

「土地の気」も「人の気持ち」と同じで、初対面ではなかなか開いてくれないそうです。気に入った土地には何度も足を運び、その土地と仲良くなることで気を受け取りやすくなるとのことで、明日は再び日光東照宮を予定しています。

旅行風水の魅力は、「欲しい運を取りに行く!」という前向きな発想に尽きます。また、旅行する(=行動する)ことは、木の気を司るので最も即効性を期待できる点も嬉しいですね♪

さて、旅行風水の効果でしょうか?ここに来て、大きく何かが変わろうとしています☆そのきっかけは、北東方位への旅行。今回は、気持ちを整理するという意味も含めて、7ヶ月前を思い出しながら瑞鳳殿と塩釜神社(ともに、東京から見た方位は北東です)をご紹介したいと思います。

幽竹さんの著書によると、瑞鳳殿は、やる気、発展、成長を、鹽竈(塩釜)神社は今までの悪運を全て流し、新しい運気を与えてくれるそうです♪

”瑞鳳殿は必ず午前中に行くこと”というアドバイスを考慮し、こまち1号で仙台入り。瑞鳳殿へは、「ぴーぷる仙台」という仙台の観光スポットを循環しているバスを利用すると便利です。朝日を浴びながら参道をゆっくりと登りました。

この石造りの階段は藩政時代からのもので、伊達家の禄高62万石を表しているそうです、また左右にそびえる杉並木は古いもので樹齢350年。この石畳の参道を歩いているだけで、ずんずんと気が入ってくるのを体感できました♪

写真は独特の気を感じた参道です↓

その後、仙台へ戻り一路塩釜神社へ。表参道(男坂)の202段もある石段は圧巻。上りきるとその先に本殿が見えます。抜けるような青空の下、ここは別世界というような澄んだ空気を存分に吸い込みました☆浄化作用が強いパワースポットというのがな~んとなく理解できました。

参拝した季節が、9月中旬だったので国の天然記念物になっている鹽竈ザクラの花を崇めることは出来ませんでしたが、これから本格的な秋を迎え、厳しい冬を越すために力を備えているかのような木の幹は立派でした。この旅行月、塩釜神社へ行かれた方のblogに咲き誇る鹽竈ザクラの写真を見つけるたびに嬉しくなりました♪

写真は202段の石段です↓

ここのお塩はとても浄化作用が強いということで、早速購入しました。お塩は、ジュエリーの洗浄や、お部屋の気をクリアにしたり、お風呂で入浴剤として用いることも出来るので万能ですね。

鹽竈神社を堪能した後は、日本三景の松島へ。観光スポットとして栄えているだけあって、街の案内板や、パンフレットが充実していました。塩釜港から松島へ、この旅路は松尾芭蕉が辿った路ですね、帰宅後に奥の細道を読み返して気づきました。

北東はよい意味での変化と継続の運気をもたらしてくれるそうです。この一日旅行がもたらしてくれた運気はすばらしいものであると期待してます!

 

今年の旅行スタイルが記載されています。旅行前に読み返すととても参考になります↓

幸せをつかむ!李家幽竹の開運風水〈2006年版〉

幸せをつかむ!李家幽竹の開運風水〈2006年版〉

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 大型本

 [インテリア☆風水]

旅行月ということで、旅行風水の話題ばかり書いていますが、初心に戻って「インテリア風水」について書きたいと思います。

風水とは、本来お城を建てる土地や、都の設営、墓所などを総括する高度な「環境工学」であり、戦においては布陣や戦略法などを詳細に示す「環境工学」として今日に至るまで発展を遂げており、その発祥は紀元前27世紀ごろ、青鳥子が制定した青鳥教を経典としているとのことです(詳しく知りたい方は「風水で読み解く日本史の謎」をご参照ください)。

近年では、インテリアの利用が話題となっていますが、「旅行風水」で運を持ち帰り、「インテリア風水」でその運を定着させることでより強い運が得られるそうです。←セットで活用するとお得そうなので、ただいま実践中です♪

もともと、風水をはじめてみようと思ったきっかけは、心機一転新たな恋愛に向けて環境を整えよう!思い立った際に、偶然本屋さんで李家幽竹さんの著書「幸せを呼ぶインテリア風水」を手にしたからです。

インテリア風水を活用し始めて約2年になりますが、始めた直後に福引でデパートの商品券が当たったり、サンプルプレゼントにやたらと当たるようになったりと、変化を感じることが出来ました☆良縁成就は、今年必ず達成したい!です(笑)

一言で、インテリア風水といっても、ベッドカバーやカーテンなどファブリックを一新するのはちょっとした出費。旅行にも行きたいし、インテリアも整えたいし、新しい洋服やジュエリーも欲しい!やりたいことはたくさんある中、”できることから”楽しんでいます♪いつも”ムリ”だけはしないように心がけてます(笑)

ファブリックは買い換えると新しい運気を得られるそうですが、買い換えるのが無理ならば、洗うだけでも効果はあるそうですよ♪私は、季節ごとに洗うようにしています。

また、100円ショップも上手に活用してみました。テレビのそばに観葉植物をおくとテレビが放つ「火の気」が植物の持つ「土の気」で中和されるそうです。そこで、サンセベリアを購入しました♪

サンセベリア(通称:トラノオ)は素敵な鉢に入った大振りのものを購入しようとすると数千円かかってしまいますが、100円ショップで売っていました!1本100円也、これを2本購入し、さらに相性のよいテラコッタ鉢も100円で購入。これを直に床に置くのではなく、台座の上においた方がよいということで、台座も購入。せっかくなので、ビー玉も100円で購入し、キラキラ感を出してみました。これで、〆て500円。
↓このようかカンジです、いかがでしょう?

いつの日か、数千円もする立派なサンセベリアを飾れるような人になりたいと願いつつ、今はこれで十分満足です。

また、パワースポットへ行った際に購入する「鈴」ですが、気づくといくつも鈴を持っている私がいます・・・。この鈴を電球の紐や、ドアノブに付けて活用しています♪玄関に限らず、おトイレやお部屋の戸を開けるたびに音が鳴り、そのたびによい運気が流れているのかなぁと楽しんでいます。

↓これが、電球の紐にぶら下げた鈴。奥には、木製フレームの八角形の壁掛け時計(東向き)を飾っています♪

「風水」で読み解く日本史の謎―平安京遷都から江戸幕府の繁栄まで

「風水」で読み解く日本史の謎―平安京遷都から江戸幕府の繁栄まで

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 文庫


タグ:時計 八角形

南と北 [旅行風水☆全般]

10倍デーにGUAM(南)、日光東照宮(北)を使った毒だしでしょうか?昨日から気分がすぐれません。。。南と北という、正反対の方位を同時に使ったから、毒出しが強く出ることは覚悟の上ですが・・・(笑)

さて、南方位を使った後に出てくる主な凶意はイライラ、北方位を使った後に出てくる主な凶意はストレスが溜まるとあります。いづれにしても、精神的にかなり負荷がかかりそうな様子。

さて、ここは吉方位の温泉に浸って、ストレスを流すことにしましょう!

PS(4/25追記)
吉方位へ行った後に現れた凶意は、必ず好転するとのことなので、前向きに乗り切ろうと思います「凶意はチャンス」ですね♪


日光東照宮へ(10倍日) [旅行風水☆北方位]

今年2回目の10倍デー(4/22)は、日帰りで日光東照宮へ行ってまいりました。日光へ行くのは10数年ぶり???修学旅行の記憶は遠く、見るもの聞くもの新鮮な気持ちで接してきました。

一緒に行った連れは、日光駅で東照宮行きのバスの停留所にひとり並んでいた女性のお財布、日光東照宮で母親らしき年配の女性と2人分の拝観券を購入していた女性お財布、社務所でお守りを購入したいた女性のお財布、1日に私と同じ幽竹さんデザインのお財布を数回も見たことに驚きを隠せませんでした(笑)

確かに、どんなにメジャーなブランドのお財布でも1日に、しかも数時間の間に、そう何度も目にする機会はないですよね。

10倍日ということもあり、李家幽竹さんの著書を参考にし日光東照宮を訪れた方はたくさんいたことでしょう。吉方位カラーを身に着けた方をお見受けするたび、なんとなく同じ気持ちだと勝手に解釈して、親近感を覚えていた私でした。皆さんに、そして私に幸運がたくさん舞い込みますように!

東照宮の詳細レポートは後日改めて書きたいと思います。今日は、東武日光駅で帰りの電車を待っている間に立ち寄った駅前のお店「くるみ物産」でとても便利な小物入れ(ピアス入れ)を見つけたのでご紹介します。

この小物入れ(ピアス入れ)ちりめんで出来ていて、大きさは4cm四方のとても小さながま口になっています。指輪や、ピアス、ネックレスなどちょっと入れておくのにとても便利!しかも、小さめのデザインなので、中でネックレスがこんがらがることもなさそう♪また、キーホルダーになっているので、カバンの中で迷子になることもないでしょう。

吉方位(特に北)では、不要になったジュエリーを綺麗な川や湖に流してくると、とてもよいそうです。また、湧き水でお気に入りのジュエリーを洗うと、ジュエリーの浄化にもなります。そんなとき、このちりめんの小物入れはとても重宝しそうです♪

ひとつ400円とお手ごろだったのもあり、気に入ったちりめん柄をいくつか買ってきました♪

ジュエリーについて詳しく記載されている幽竹先生の著書です↓

幸せを招くジュエリー風水

幸せを招くジュエリー風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2004/05/20
  • メディア: 単行本


榛名神社 [旅行風水☆北西方位]

1ヶ月ほど前ですが、「榛名神社」へ行って来ました。東京からの方位は北西。月変わり直前、ギリギリセーフで滑り込みました。

この旅行月(4/5~5/5)、私にとって北西は吉方位ではありませんが、これから「榛名神社」へ行かれる方がいらっしゃれば、よかったら参考にしてください。

幽竹さんの著書によると、榛名神社は「圧倒的なパワーを持つ神社」として紹介されています。運気吸収のためには、迫りくるような周辺の巌山を見上げながらゆっくりと参道を歩くこと。本殿前が最も強力なスポットだそうです。パワーの強さは、最高の6つ★評価、ここでは恋愛、金運、仕事運、ビューティー運をゲット!

交通手段は、最寄の高崎駅からのアクセスを考え車にしました。パワースポットの特徴ともでも言いましょうか、今まで行ったどのパワースポット(金櫻神社椿大神社貴船神社出雲大神宮瑞鳳殿鹽竈神社毛越寺中尊寺香取神宮箱根神社)もだいたい最寄駅からバスで小1時間を要し、そのバスも1時間に1本、もしくは1台のバスが巡回するため(最寄駅→パワースポット→最寄駅)、2時間に1本程度というの多い気がします。

もう少し、アクセスしやすいと嬉しいのですが、やっと辿り着くパワースポットは感慨深いモノがありますね☆

榛名神社へ行かれる方は高崎駅から群馬バスを利用することになります。高崎→榛名神社の所要時間は約80分とのことです。車では高崎ICから約1時間ほどで着きました。榛名神社のかなり手前に一の鳥居があるので、一度車を停めてくぐりました♪やっぱり、一の鳥居から入れると嬉しい☆

私が行ったときは3月にもかかわらず、手水舎の水がまだ凍っていて利用することが出来ませんでした。水占いのおみくじも、凍っていてひくことが出来ません、残念。そういえば、瓶子の滝も一部分がようやく春の太陽で溶かされ、ちょろちょろと流れ始めていました。

今日、榛名神社のHPを見てみるとようやく手水舎の水が利用出来るようになったようですね♪春の陽射しを感じつつ、深々と冷え込む参道を歩きながら、国指定史跡天然記念物の「矢立の杉」や、群馬県指定重要文化財の「鉄燈龍」をゆっくりと眺めさせて頂きました。参道の所々にいる七福神を探しながら歩くのも楽しいですよ。

緩やかな勾配の参道を上り、巌肌を間近に感じながら最後に石段を登りきるとようやく本殿に辿り着きます。季節柄、冷え込んでいたこともあり、参拝者が少なく、存分に気を吸収させていただきました。、まだ、手水舎の水が凍っていたこともあり、眠れる巌山のパワーを感じました。これから、新緑のシーズンを迎えると強い生気を感じられる神社だと思いました。夏にまた行きたい!

これが、一の鳥居↓

榛名神社の入り口にある鳥居です↓

この写真が本殿です☆↓

帰りは、榛名富士を眺めつつ榛名湖をドライブ。吉方位旅行で、さらに運気を吸収すべく温泉へ。榛名町営の「ゆうすげ元湯」は日帰り入浴もできるのでお勧めです。露天風呂から見た夕陽がとてもきれいでした☆

榛名神社へ行かれる方は、 榛名町観光協会のHPを参考にされると、便利ですよ♪

「幸せをつかむ!李家幽竹の開運風水〈2006年版〉」この本に幽竹先生が撮影された榛名神社の写真が掲載されています。パワースポットの解説もとても参考になります↓

幸せをつかむ!李家幽竹の開運風水〈2006年版〉

幸せをつかむ!李家幽竹の開運風水〈2006年版〉

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 大型本

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。