So-net無料ブログ作成

冬支度 [美☆風水]


ハロウィンが終わると、街はクリスマス一色になりますネ☆

帰り道、ふと立ち寄ったお店で出合いました♪今年、新調したかった黒のロングブーツです。艶消しタイプなので、意外とカジュアルにも使えそう♪(満足)

色違いのキャメルは、その色合いがとても素敵だったのでかなり魅力的でしたが、去年ブラウンを買ったので今年は黒の出番に至りました(笑)

今年の秋は、お気に入りのブーツやコート、バックにお金をかけることが開運行動につながります。

残るは、コート♪

今年は何色にしようかな♪一番欲しい色はブラウンオレンジですが、デザイン・色見・サイズ(+お値段?!)ともお気に入りを見つけるのって意外と難しい。もう少し、年齢を重ねたら着てみたい一色です!

ブーツもコートもそろそろ品薄になってくる頃、皆様もお気に入りの1着に出合えますように!

PS:
パワーミーティングへのコメントありがとうございました☆おかげさまで、若干不完全燃焼気味でしたが、作成した資料がとても評価されています↑



パワーミーティング [おしごと☆風水]

明日はパワーミーティングです。←これを命名した方って・・・。(苦笑)

ここ数日、資料を作成していました。意図することが伝わり、有意義なミーティングになりました!(←未来日記)

何となく、原点に立ち返ってみたくなり、初めて行った吉方位&パワースポット(しかも10倍日)の金櫻神社の写真を見返してみたりしました(笑)

妙に懐かしい♪金櫻神社の本殿の写真です!


新月とカーネーション [花☆風水]

今日は新月ですね♪

髪をカットしに行きたかったのですが、疲れからか久しぶりに熱を出して寝込んだ週末になってしまいました。カットしなかった分、しっかりトリートメント♪

気を取り直して、カーネーションを買ってきました。最近、生きのよいガーベラに出会えていません・・・。今の私には、ガーベラよりもカーネーションの方が必要だということでしょう(笑い)

【カーネーション】
強い浄化作用があります。特に身体に溜まったストレスなどを洗い流してくれる解毒作用が。肌荒れにも効果絶大。(「花風水」P25より)

さらにカーネーションは、解熱作用もあるとのこと。今の私にぴったりのお花です♪結婚運を担いで、オレンジピンク黄色濃いピンクの4色を選びました。

写真は、色見が優しいピンクのカーネーションです。これからもう少しで咲き誇りそう!この瞬間が初々しい♪

写真を撮っていたら、カメラ欲しくなってきた・・・。


(10/23追記)
北西方位旅行の効果で、評価が上がり、今年の冬のボーナスアップで念願のCANON、「EOS7s」が買えました♪もちろんEFレンズ付き!←未来日記(笑)


見ているだけで気持ちが優しくなれる1冊です↓

花風水

花風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 単行本

合掌 [旅行風水☆全般]

とても悩みましたが、風水的に体感することが多々あったので記します。

10月16日、3ヶ月間の闘病生活の末、友人の旦那様が逝去されました。とても元気で、明るくて、気遣いのある、温かい方でした。

入院する直前まで、いつものように楽しく生活していたのに、、、そのとき既に癌細胞が彼の全身を蝕んでいたそうです。

今年の東方位は暗剣殺。凶方位対策を万全にして、毎週末お見舞いに行ってました。真夜中の病院って、昼間とは全く違った気が流れますネ。言葉が見つかりませんが、何となく分りました。看護士さんたちの仕事には脱帽です。

風水を実践し、パワースポットへ赴くようになってから、陽の気を感じるのと同じように陰の気も分るようになった気がします。

そして、子供は木の存在と言いますが、病気のパパの傍で無邪気に笑い声を上げる小さな姉弟を見ていると、“木”を感じずにはいられませんでした。

訃報を聞いて駆けつけ、棺の傍で彼女とともに一夜を明かしました。明け方帰宅した直後、ブレスレットが切れました。この3ヶ月、様々な陰の気、凶意からを私を守ってくれ、負荷がかかり過ぎたかな。感謝です☆

道教では、人は「魂」と「魄」から成ると説き、魂は天に昇り、魄は骨として残り、子孫に受け継がれるそうです。(←この理論をベースに徳川家康のお墓は作られたそうです)

風水を知ったお蔭で、迷うことなく健やかにお見舞いをすることが出来ました☆

もちろん、欠かさずにソルトバスに入りました!看病疲れしていた友人に私のお気に入りのソルトバスKNEIPPの詰め合わせと、元気が出るように「fleur」をプレゼントしたら、とても喜ばれました♪

李家幽竹コンピレーションアルバム

李家幽竹コンピレーションアルバム "fleur"

  • アーティスト: オムニバス, 光永亮太, sin, DA PUMP, m.c.A・T, AKIO TOGASHI, NAOTO SUZUKI, クラムボン, 原田郁子, 亀田誠治, Do As Infinity
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/03/29
  • メディア: CD
↑1曲目、願いは必ず、ひとつは叶う♪

 

さて、この3ヶ月間に受けた凶意を払うためにも、パワースポットへ行かなければ(笑)来年は旅行月が3回(2007年1月、2月、11月)もある特別な1年。先日の「旅行セミナ」で幽竹先生からスペシャルな効果をたくさん教えていただいたので、早速計画を立てたいと思います!

風水の理論が記述されています。この本を読むと、日頃幽竹先生がおっしゃっていることの、根拠を垣間見ることができます↓

「風水」で読み解く日本史の謎―平安京遷都から江戸幕府の繁栄まで

「風水」で読み解く日本史の謎―平安京遷都から江戸幕府の繁栄まで

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 文庫


穂高神社(奥宮) [旅行風水☆北西方位]

前日の大雨とは打って変わって、朝から太陽が顔を出してくれました♪

朝もやにかすむ穂高連峰はとても神秘的です。装い新たに、穂高神社(奥宮)へ出発です!

【上高地】
上高地は「神降地」が名前の由来。中でも神が降りるとされる明神池は強力なパワースポットです。一の池、二の池、ともに強いスポットですが、一の池では恋愛運・愛情運、二の池では仕事運・金運に効果的。どちらの気が好きかで、自分の欲しい運気も見えてきます。 (「絶対、運が良くなる旅行風水」P186より)

上高地ビジターセンタから明神池までは2通りの経路があります。

  1. 梓川右岸歩道:(約70分)湿原や木道を通り、自然を身近に感じられるアップダウンの多いコース
  2. 梓川左岸歩道:(約50分)梓川沿いに、景色を楽しめるなだらかなコース

ホテルの方のアドバイスで、往路は原生林を身近に感じられる右岸歩道、復路は景色を楽しめる左岸歩道を選びました。大自然を肌で感じ、気になる木に触れ、川の水に魅了され、何度も立ち止まりつつ無事に穂高神社奥宮へ辿り着くことが着くことが出来ました(笑)

奥宮でしっかりお参りをして、まず一の池へ。

目の前にそびえる明神岳とその裾野に広がる池。この桟橋の先端に立つだけで、身体に気が流れ込んでくるのが分ります!なぜか今回の旅行では、額から生気が流れ込んでくるように感じられました。この一の池では、額だけでなく、胸元からも強烈に流れ込んでくるのを初めて体感しました☆

吉方位では胸元の開いた洋服を、凶方位では首を出さないように!という幽竹先生のアドバイスを”なるほど!”と体感した瞬間です。デコルテから、勢いよく生気が流れ込んでくる感覚は初めてです!里宮同様、しっかりと足を踏ん張らないと、倒れそうになってしまいました。

続いて、二の池へ。

紅葉が始まりつつある二の池はとても美しく、”美”を感じました。二の池の周囲を歩いていくと、二の池から梓川へ水が流れ出す瞬間を目にすることが出来ます。ここ、とても不思議なポイントでした。 明神池を堪能し、改めて奥宮にお参りし、お守りを頒て頂き、絵馬を書いた後で、おみくじを引きました。頂いたのは”大吉”内容もとてもよく、

「いそしみししるしはみえて ゆたかにも黄金なみよる 小山田のさと」
{解釈:する事なすこと幸いの種となって 心配なく嬉しい運気ですから わき目ふらず一心に自分の仕事大事と励みなさい}

里宮のおみくじが現状を表すものなら、奥宮は未来を表すのでしょうか?!(笑)ここは、都合よく未来を表すと解釈しま~す。

そして、ここで頂いたお言葉も”恋愛:この人より他になし”この人って・・・。(苦笑)

明神池はその昔、3の池まであったそうです。もし、3の池があったらどのような景色だったのでしょう?思いを馳せてみると楽しいですね♪さらに、北アルプスの主峰、奥穂高岳の頂上に祀られている、穂高神社奥宮の嶺宮はどのような地なのでしょう?

     
左:恋愛運・愛情運を持つ一の池、右:仕事運・金運を持つ二の池

2007年は旅行月が3回もある特別な年回り☆「来年は一回りステップアップした私がこの地を訪れます!」(←言霊パワー☆)

松本駅からあずさに乗り、旅行の余韻に浸りつつ、うとうとしていたら、すずれんさんからメールが届きました。「月が綺麗ですよ」そう、この日は満月でした!澄んだ夜空に、輝く満月。旅の締め括りはこの満月がお供してくれました☆

 

最後に
この旅行のキッカケを作ってくださった、すずれんさんに感謝します☆すずれんさんはとても真っ直ぐな方で、ひとりの女性として、くるりちゃんの母として、そしてワンゲラーでもある旦那様の妻として、とても愛情の深い方とお見受けしました。
すずれんさん、またご一緒しましょう♪

(おしまい)

2007年の旅行計画を立てるときに参考にしたい1冊です↓

2007年版 李家幽竹の幸せ風水

2007年版 李家幽竹の幸せ風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2006/09/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。