So-net無料ブログ作成

トイレタリー一新 [インテリア☆風水]

もうすぐ、旅行月も終わりに近づいて来ましたね。。。

旅行月のお蔭で、年明けから早起きを幾度となく繰り返しているので、すっかり早起き体質になってます。←これも、旅行効果?!

今月最後の10倍日(3/2)を控え、週末を利用してお手洗いと玄関のお掃除をしました♪

お掃除をやる気にさせてくれたのは、昨年末に一目惚れして注文したにも関わらず、納期遅延で届かずにいたイチゴモチーフのトイレタリー達です。

春分まで待とうか考えましたが、善は急げとばかりに変えてしまいました(笑)

お香で浄化、一つまみお塩を降りかけて、その後、丁寧に拭きあげました☆実は、昨年まで我が家の1階のお手洗いは、幽竹先生の風水を実践している人とは思えないおトイレでした(冷汗)

風水を始める以前、壁紙やファブリックは水色で統一され、母の趣味で置かれたポプリ・・・。さらに、アジサイの造花が飾られ、カレンダーが貼られていました。これ以上のNGはないでしょう!というくらい、NGの空間でした。

全て一新!

ファブリックを変え、アイビーとカーネーションを飾り、幽竹先生のポストカードを額に入れ、無駄に広いので簡易ヒーターを置きました。

【トイレ】
トイレはもっとも「水毒」が溜まる場所です。その家のトイレがきれいな状態であるかどうかは、そこに住む人の健康運に大きな影響を与えます。
(「おそうじ風水」、P132より)

おトイレを浄化中に、玄関もお掃除♪お香を炊いて、床を掃除しました。もちろん、靴底もサットひと拭き♪お掃除風水も大分手馴れて来ました☆



幽竹先生が撮影された写真もあるそうです、欲しい運気に合わせてお気に入りを飾っています↓

幸せを呼ぶ風水ポストカード

幸せを呼ぶ風水ポストカード

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: キッズネット
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫

お掃除する前に目を通しています。お掃除をする際手放せない1冊です↓

悪運をリセット! 強運を呼び込む!! おそうじ風水

悪運をリセット! 強運を呼び込む!! おそうじ風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2006/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

開運北西旅行(万治の石仏編) [旅行風水☆北西方位]

春宮から歩くこと数分、川伝いに歩くと「万治の石仏」があります。太陽は高く上り、陽射しは強く感じられますが、暖冬と言えどもやっぱり寒い・・・。

ここで、日帰り榛名旅行にて、水澤うどんを楽しみながら、カエさん、すみれさん、よんななさんの4人で決めた作戦を決行することに・・・。

その作戦とは、”時間差で諏訪大社へお参りすることが決まったよんななさんに、私たちの足跡を発見してもらうこと”

置手紙を考えましたが、やっぱり不可能。ご神域に足跡を残すのは困難かと思われましたが、運良く畑の中に佇む万治の石仏の周辺は砂利道に♪

さっそく、手頃な小石を二人で集めてみかん画伯の芸術タイムが始まりました♪とても可愛らしい芸術作品が完成☆あとは、よんななさんに発見してもらうのを待つのみ。

万治の石仏は、とても大きく、出雲大神宮の磐座のような迫力こそありませんが、柔らかい光が瞬いていました。

居心地がよくて、しばらく周りを歩いたり、石に触れたりして楽しみました。近くに流れる、砥川のせせらぎを聞きながら、とても穏やかな時間流れます。もう少し暖かくなったら、この畑に座り、本を読んでみたい♪

ちょうど昼下がり、スケジュール通り4宮を午前中にお参りし終え、コース料理を頂くため万治の石仏とみかんの石仏を後にしました。

諏訪湖を見渡せるレストランPALIERでカジュアルフレンチを頂く予定が、道に迷い辿り着けず・・・。みかん師匠本当に申し訳ありませんでした。文明の利器に頼らず、しっかり地図で予習しておくべきでした(汗)

さんれーくホルツはつしまでコース料理?!を頂いていると、春宮に到着されたよんななさんから1通のメールが・・・。”ひ、ヒントを下さい~”、ヒントは、みかんの石仏で~す♪(笑)

北西の開運フードを頂いた後、湖畔を散策。春の陽射しをキラキラ感じながら、水晶を湖へ。水辺で手を触れたかったのに、安全のためロープが張られていて近寄れなかったのが残念。。。冷えた身体を温めるため、源泉へ♪

ここで、2人の勘違い(笑)

前日の夜、みかん師匠から頂いていた温泉情報をもとに、ガイドブックにチェックを入れていたのに・・・。硫黄泉だとてっきり勘違いしてホテル鷲乃湯の炭酸水素塩泉に浸かっておりました(笑)

【炭酸水素塩泉】別の名を重曹泉。美人の湯と呼ばれ、美肌を作ることで知られています。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P149より)

でも、こちらの源泉とてもよかったです♪内風呂が1つ、露天が2つ、ホテルの温泉だけあってとても清潔感があり備品も調っていました。

源泉掛け流しの露天風呂に心行くまで身を浸し、風水談義、玉の輿談義、LOVE騎手談義に興じました(笑)温泉最高♪よい言霊をたくさん発して開運です!

ここで、「茹でダコ星人1号☆2号」誕生☆湯上りにセルフサービスの花梨水をグイッと一気飲み♪温泉成分表示表を眺め、1号☆2号ともに”???”(笑)

夕闇が迫る前に、帰路に着きました。周囲にスキー場が多くあるため、ある程度予想はしていましたが、3連休最終日の夕方・・・。お決まりの中央道は20キロの渋滞でした(笑)

渋滞にさしかかる手前で、よんななさんから”発見!”のメールが届きました。無事、みかんの石仏も発見され、めでたし、めでたし。(つづく)

10倍日(2/12)の諏訪大社の写真を公開します↓


パワースポットでの過ごし方、温泉の効能を参考にしています↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


開運北西旅行(諏訪大社4宮巡り編) [旅行風水☆北西方位]

榛名神社から帰ってきて束の間、日光東照宮で運命の出会い後、みかん師匠と行く10倍日開運北西旅行へ行って参りました☆

行き先は以前から行きたかった諏訪大社4宮巡りです。

諏訪大社は、諏訪湖を挟んで南北に上社と下社があり、4つの宮から成り立ちます。幽竹先生の著書を見てみると、一番パワーが強いのは秋宮とのこと。

     上社  本宮  長野県諏訪市中洲宮山1
            前宮  長野県茅野市宮川2030
     下社  春宮  長野県諏訪郡下諏訪町大門193
            秋宮  長野県諏訪郡下諏訪町上久保5828

【諏訪大社】
上社と下社からなる諏訪大社ですが、中でも下社秋宮の持つ気は強大です。成長や、育成、発展の運気を得ることが出来るでしょう。 (「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P185より)


地図で確認すると、諏訪大社上社の本宮、前宮は諏訪IC近くに。下社の秋宮、春宮は下諏訪駅近くに。4宮と言ってもそう遠く離れていないので午前中にお参りできるよう、5時半に新宿を発つ予定が・・・。

みかん師匠をお迎えに行く途中、ガソリンスタンドに立ち寄りました。”さぁ!”と思ったら、エンジンかからず・・・。

一体何が?!

どうやら、バッテリーが上がってしまったようです。前日に整備に出していたのに何で?!急いで交換してもらい、気持ちを入れ替えて出発しました。

榛名神社ではカーナビが動かなくなり、諏訪大社へ発つときにバッテリーが上がる。北西方位の象意として起きたことなのか?単に、私の毒出しに起因するのか?見当がつきませんが、今回も笑いが絶えない予感がする朝でした(笑)←幸いなことにガソリンスタンドで気付けたので、一報を入れた母は心配していましたが、私としては”毒出し完了”モードでこの時点ですでに絶好調☆

30分遅れて、6時に出発。眩しいほどの朝陽を背中に浴び、目の前にそびえる朝焼けの富士山にうっとり。

最初に到着したのは、諏訪大社の総本社である本宮。

早朝のため、お社を掃き清めている中でのお参りとなりました。手水からは温泉水が湯気を立てながら湧き出ていました♪早朝なのに活気を感じます。

諏訪大社は、社殿の四隅に御柱(おんばしら)と呼ぶ大木が建ち幣拝殿や左右片拝殿が横に並び、本殿を欠く等社殿の配置にも独特の形を備えており、中でも本宮は諏訪造りの代表的格とのこと。

本殿がない・・・、どこでお参りしたらよいのワカラズ・・・。巫女さんに参拝の仕方を教わり、無事お参りをすることができました。

続いて、最も古い由緒を持つ前宮へ。

鳥居をくぐり、車が行き交う道路を跨ぎながら200m程上ると辿り着きます。境内の傍らに水眼(すいが)と呼ばれる清流が流れ、諏訪大神が最初に居を構えた地と言われるだけあり、朝もやに佇む前宮本殿はとても神秘的でした。

早朝のお参りならでは、柄杓が凍りつく寒さのなか、しっかりと神聖な気を頂きました。今回は、清流に落ちることなくしっかりお水取り♪

そして、お待ちかねの秋宮へ。

幽竹先生お勧めの秋宮はとても賑わっていました。昨夏、初めて参拝したときは雨でしたが今回は快晴♪雨の日はとても優しい気に包まれていた印象がありますが、今回は突き抜けるような明快な印象を受けました。

観光でいらっしゃっている年配のツアー客に交じり、幽竹先生お勧めファッションの女性がちらほら行き交う何とも不思議な光景です(笑)

人が多く、前回ほど気を感じ取り辛かったのが少し残念。。。

温泉水が湧き出る手水でお水取りをして、ジュエリーを・・・。みかん師匠はニコヤカに、ジュエリーの袋ごとジャブジャブされていました(笑)

ラストは、春宮へ。

秋宮にとてもよく似た造りの春宮は、人が少なくとても澄んでいました☆そうそう、今の私はこの澄んだ気を求めていたんです!

春宮と秋宮は同じ絵図面を与えられたと見られ、構造は同じですが2社の建築は彫刻で技が競われているそうです。職人の饗宴って、浪漫を抱いてしまいます。

お神鏡前でお参り。

ここで、絵馬を書き、おみくじを引きました。前回、水澤寺人生初の凶を引き当て、毒を流しましたが喜び浮かれておみくじを引き直すことをスッカリ忘れていました(汗)

何が出るかとてもドキドキしながら引いた翡翠みくじ・・・。結果は、大吉を頂きました♪凶の後の大吉、嬉しい限りです。

「思うこと 思うが まヽに なしとげて 思うこと なき 家の内かな」
{運勢:思いがけない目上の人の引き立てによりすべて調い家内睦まじく暮らせる大吉運 色を慎み身を正し 目上の人を敬い目下の人を慈しめば幸運増す}

翡翠はスクエア型でした、この先安定を暗示してくれたかなと都合よく解釈してます(笑)

【スクエア】
土台を固め、安定をもたらすので結婚運や家庭運に効果的な形状です。
(「幸せを招くジュエリー風水」、P109より)

諏訪大社は、上社、下社で情景が異なり、また歴史も古く、参考文献を読み調べるだけでもとても楽しめました。学生時代疎遠になっていた日本史の資料集の紐を解き、今更ながら感嘆してました。また、機会がありましたら1社ずつ記してみたいと思います。

春宮で頂いた大吉で上機嫌な私と、白松(三本松)の髪飾りをつけたみかん師匠(←美人さん☆)はあの万治の石仏へと向かうのでした。(つづく)

パワースポットへ行く前に目を通してます↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本

パワースポットへ行くときは、携帯してます↓

幸せになる旅行風水

幸せになる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 新書

 

 

ジュエリーの知識以外に、形状や、取り扱い方法などとても分かりやすく記載されています↓

幸せを招くジュエリー風水

幸せを招くジュエリー風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2004/05/20
  • メディア: 単行本

dozen of rose [☆開運行動☆]


旅行月、いかがお過ごしでしょうか?

実は、今日お誕生日を迎えました☆

以前、かけ☆てるさんのblogにて、ご自身のお誕生日に薔薇の花束をプレゼントされていたのを拝見して、私も買ってみました(笑)

色は、私の色霊のピンクをセレクト。

来年は、年の数の薔薇の花束を抱えた彼と楽しく過ごしています♪←言霊☆

1ダースの薔薇を眺めつつ、今宵は昨年とは比べられないくらい健やかで、楽しいお誕生日を過ごしています。

お祝いのメール、メッセージ、プレゼントを贈ってくださった方々に、お礼とともに感謝を申し上げます。ありがとうございます♪


タグ:誕生日 バラ

開運北西旅行(水澤寺と伊香保温泉編) [旅行風水☆北西方位]

榛名神社まではカーナビが順調に作動してくれましたが、次なる目的地を登録しようとしても動かない。カエさんが色々操作しても、登録できず。。。なぜかしら?!

気を取り直して、すみれさんが手配してくれたセゾンドはるなへ。こちらで、カジュアルフレンチを美味しく頂きました。湖を見渡せる窓辺の席で、頂いたお料理は格別です☆

お腹を満たした後は、水澤寺へ。ここで、私は人生は初の経験をしました!

本堂でお参りし、六角二重塔を3回廻り、可愛らしい桜の形をした絵馬を書きました。鐘楼で鐘を撞くことがことが出来るので、願いを小声で言霊にし、一撞き♪

お礼場でお守りを眺めていると・・・、おみくじを発見!

こちらのおみくじは、生年月日を告げるとお寺の方が何やら唱えながらおみくじが入った筒を振り、最初に出た棒に記載されている番号のおみくじを棚から出して下さいます。

しばし、よんななさんとおみくじに見入った後、さっそく挑戦!そして、私は人生初の経験をしました。

それは・・・。

頂いた番号は77番。朝、コンビニで777円という残高を見た後だったので、”何かある!”とすぐさま察知しましたが、見てビックリ(笑)

生まれて初めて”凶”を引き当てました♪

水の気の強い水澤寺で水毒を全て流しました!Lucky☆嬉しくて、嬉しくて、笑ってしまいました。榛名神社で大吉を頂いた後の凶、これは何か意味があるのでしょうか?!

すみれさんは、本堂にある別のおみくじで大吉を引き当てました☆一緒に旅行した全員が大吉を引き当てたことに4人で歓喜(笑)

【おみくじ】
凶を引くということは、今の自分の「毒」が全て流れたということ。むしろ、ラッキーなこと。ただし、凶が出た場合は、もう一度おみくじを引きなおしましょう。その次に出たおみくじが、今の状況になります。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P166より)

水澤寺で、たくさん笑った私たちは五遁の術を完成させるため、途中、清芳亭で温泉饅頭を買い、伊香保温泉へ向かいました。源泉にこだわった私たちが選んだのは「伊香保温泉露天風呂」。旅情ある石段街を登り、さらに続く坂道を歩くこと十数分。湯煙が見えた所に露天風呂があります。

広すぎず、狭すぎず、赴きある湯船に身を任せました。温泉、最高です☆水澤寺で水毒を流した直後なので、温泉の気の吸収率が上がった気がします(笑)

近くに流れる湯川は鉄分を豊富に含んでいるため川底が鉄色でした。受付でタオル(有料)貸り忘れ、持ち合わせたおろしたてのウエッジウッドのハンドタオルで身体を拭きました。案の定、タオルは鉄色に・・・。夕暮れ時を露天風呂で過ごすって、とても贅沢♪北西の旅行コードにピッタリ。

すっかり日も暮れ、お腹も空いたので水澤うどんを食べに行くことにしました。車中、よんななさんは携帯片手に”諏訪♪”と嬉しそう。←ここから、ある作戦が企画されます☆

午前中は晴れていたのに、水澤うどん街へ向かうときは大雨に・・・。浄化の気が働いたのかしら。郷土料理である水澤うどんを食べながら、またまた風水談義に花が咲きました♪(水澤うどん街は、閉店時刻が5時前後と早いのでお気をつけ下さい。)

帰路に着くため高崎駅へ。新幹線の発車時刻まで時間があったので駅ビルで最後のショッピング。イチゴとブタが描かれた、仕事用のメモ帳を購入♪時間ギリギリまで開運行動です☆

指定席に着き、ビール&お茶で乾~杯ッ♪日帰りなのに、1泊したかのような錯覚に陥るほど充実した旅となりました。

←持ち主は誰でしょう?(笑)

新幹線で仕事道具を出し合って記念の一枚を撮影。楽しい旅をありがとう♪(つづく)



パワースポットでの効果的な過ごし方が記載されています、もちろん、おみくじについても記載されています↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。