So-net無料ブログ作成
検索選択

門出 [おしごと☆風水]


本日、無事円満退職することが出来ました♪

この10年を振り返ると、涙が溢れそうなので、それは晴れて嫁ぐ日までしまっておこうと思います(笑)

この2週間、たくさんの方々から、お祝いと門出の言葉を頂きました。ありがとうございます。

それにしても、よく飲んで、よく歌って、よく笑った2週間でした。

明日は満月を拝んで新しいスタートを切ります!

拝啓
梅雨の候、紫陽花の花が鮮やかに映る季節となりました。ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、私こと六月末日を以って退職いたします。
入社以来、皆様方のご指導により、お蔭様で大過なく楽しく勤務できましたことを心から御礼申し上げます。 これもひとえに皆々様のご支援の賜物と深く感謝いたしております。

一々拝眉の上御礼申し上げるところですが、略儀ながら書中をもって御礼かたがた御挨拶申し上げます。
                                                       早々



Waiora SPA [旅行風水☆南方位]


遂に始まりました、南方位の毒出しです(涙)

3日前、いつものように目覚め、いつものようにシャワーを浴び洗顔をしたら、お肌が変!慌てて鏡を見たら、顔の輪郭に沿って真っ赤な湿疹が大発生。

体質的に、疲労が溜まると蕁麻疹や湿疹が出来やすいのですが、見事に出ました☆

恐るべし、南方位の毒出し。。。

一向に治まる気配を見せず、顔全体に広まりつつあります(涙)皮膚科で診察を受け、塗り薬、飲み薬とともに、静養第一ですとのお言葉を頂きました。幸いにも帯状疱疹ではなかったので一安心。

それにしても、どこにどれだけヨロシクナイモノを溜め込んでしまったのか・・。この際なので全て出尽くして欲しいと切に願います☆いえ、この際全て出し切ります!

精神的に参る毒出しは、目に見えないのでとても戸惑いますが、こうして表面に出てくる毒出しは、分かりやすいい反面、肉体的な苦痛が伴いますネ。

【南方位の毒出し(帰ってきてから表れる凶意)】
肌荒れがひどくなる。特に吹き出物や腫れ物。隠しておきたいことが表に出る。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P126より)

この毒出しの引き金を引いてくれたのは、ロトルアの温泉です。中でも、ロトルア滞在3日目に行ったWaiora SPA(ワイオラスパ)の泥風呂は、強烈でした。

Polynesian Spaがある、ロトルア市街地から車で20分ほど離れたところにあるHell's Gate(ヘルズゲート)は、7万㎡以上もの広大な地熱地帯に、硫黄で変色した岩肌のあちこちから蒸気が噴出し、硫黄臭とともにその荒涼とした様は「地獄の門」の名、そのものでした。

一時間ほどかけて、地熱地帯を歩くことができます。様々な名前が付けられた22箇所のスポットは、何を見ても地球の息吹を感じます。それと同時に、この燃え上がる生気の中に佇むと悪縁、悪運が全て燃焼されていくような気さえしました。煮え立つ泥の池、それはそれはお見事でした☆

地熱ウォークを終え、敷地内にあるワイオラスパへ♪

まずは、泥風呂。ミネラルを多量に含んだ38度の地熱泥の硫黄泉にそっと足を踏み込むと、ヌメっと何ともいえない感触。

田植えの経験はありませんが、田んぼに入るとキットこんな感じかなと思いました。20分以内、限られた時間内で浸かることができます。

泥をすくって身体(顔以外)に塗るとよいとのことなので、腕、肩、背中、足と満遍なく塗りこみました。

最初ピリッときますが、泥の感触が気持ちよくて童心に返って泥と戯れました(笑)

続いて、癒しの湯“硫黄泉”へ。予約客が私たちだけでしたので貸切状態♪抜けるような青空と、心地よい温泉を独占してました。インテリアがとても素敵で、こんな温泉付きの別荘が欲しいと思ってしまうような、とても居心地よいプライベートスペースです。


こちらの硫黄泉は、前日のポリネシアンスパよりも濃く感じられました。色や匂いだけでなく、肌に触れた感触が未だかつて経験したことがないような濃さでした。

ひとしきり温泉を楽しんだ後は、お祈りから始まるマオリ秘伝のマッサージ「ミリミリ」と、フェイシャルトリートメントをして頂きました。もう、最高♪

マッサージの後は、マヌカティーとマフィンをご馳走になり、再び時間ギリギリまで温泉に浸かりました♪スタッフの方々がとても親切で、心地よく癒された一日を過ごすことができました。

この泥の匂い、帰国後数日間全く身体から取れませんでした。帰国直後、家に着いて最初に着たTシャツを筆頭に、枕カバーやシーツにまで匂いが・・・。毒出しが強いのも頷けます。

タウポ湖まで足を伸ばしたかったのですが、それは次回のお楽しみ♪限られた滞在期間の中、ロトルアで過ごした時間はとても濃厚で貴重な経験となりました。この他にも、主要な観光地「ワイトモ・ケーブ」、「ガバメントガーデン」、「アグロドーム」、「レインボースプリングス」を楽しみました。

9年後、一回り成長した私が素敵な旦那様と子供たちと一緒に、ニュージーランドをワンランクアップした旅をします←言霊☆

これにて、ニュージーランド旅行記おしまい♪

Hell's Gate(ヘルズゲート)とWaiora SPA(ワイオラスパ)です↓



旅行といえば、この本!吉方位旅行後の凶意について、詳しく記載されています↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


花菖蒲 [花☆風水]

連日、送別会という名目のもと飲み会が続いております(汗)

お誘いを感謝するとともに、今までのお礼を伝えてます。体調管理をしっかりしなきゃ。

二日酔い何て言ってる暇なく、今朝は午前半休を頂き母と明治神宮御苑の花菖蒲を見に行きました。

明治神宮の菖蒲を見るのは初めてです☆実は、明治神宮に菖蒲があることを知ったのは、毛越寺

こちらの浄土庭園に明治神宮から株分けされた菖蒲があります。以来、一度は花の咲く時期に行ってみたかったのです♪

ラベンダー色】
様々な意味で自分の気を上げてくれるカラー。よい意味で人の上位に立てるようになります。また、芸術的なセンスと感性を育てる作用も。
(「花風水」、P36より)

朝一の明治神宮はとても清々しかったです。太陽を浴びて咲き誇る菖蒲はとても美しい♪一株、一株品種が異なるようです。辺り一面に漂う菖蒲の香りもとてもよかったです。

私が一番気に入ったのは、こちらの菖蒲「小町娘」。白に淡いピンクの花びらがなんとも言えず、見惚れてしまいました。

菖蒲を愛でた後、母と千疋屋で早めのランチ。お世話になった上司に、お礼として果物を贈りたかったので、母に品定めをお願いしました。

果物の持つ運気を考えながらのお礼選びはなかなか楽しかったです(笑)

今朝の明治神宮です↓


花が持つ風水的効果や色の持つ効果が記載されています↓

花風水

花風水

毎月カレンダーをめくるのがとても楽しみです↓

李家幽竹花風水カレンダー 2007

李家幽竹花風水カレンダー 2007

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: カレンダー


Polynesian Spa [旅行風水☆南方位]

ニュージーランドの雄大な自然と、澄んだ空気の中にいると、細胞が活性化されてくる気がします(笑)

国際空港があるオークランドと憧れの温泉地ロトルアは、直線距離にして約200kmも離れています。

国内線で移動するのが一番早い手段ですが、バス網が発達しているので、観光をかねてバスで移動♪

ロトルアに着いて真っ先に感じたのは、温泉の香り。香りと表現するには、少しぎこちなくなってしまう要因はやはりこの硫黄臭。

デジカメも手元に戻り、お気に入りの翡翠にも出合えて、意気揚々と訪れたのがPolynesian Spaです!そう、この温泉に入ることが旅の最大の目的です☆

レイクスパトリートメントを希望したので、ロッカールーム、パウダールーム、専用ラウンジを利用できました。南方位の旅行コードにピッタリです。

でも、残念なことに併設されているもう一つの温泉に浸かることが出来ませんでした。次回のお楽しみ☆

ニュージーランドの温泉は、水着着用が一般的です。水着に着替えて、ロトルア湖を一望できる露天風呂へ♪

外気はヒンヤリ秋の風。目の前には温かそうな湯気。36,38,40,42度の4種類の日本風露天岩風呂にぬるい順に浸かってみました。

第一印象、“ピリッ”と肌に刺激を感じます。その感覚はすぐに引き、じんわりと身体の芯から温まってくるのが分かります。お湯の柔らかさに包まれて、気分は最高☆9年後を目標にたくさん言霊を残しました(笑)

泉質は、硫黄泉とのこと。少し黄味がかっていました。

温泉に浸かってリラックスした頃に、レイクスパトリートメントの時間となりました。こちらでは、ポリネシアン スパ秘伝の水を使ったセラピー(AIX SPA MASSAGE)を施術していただきました。

体に適温のお湯を浴びながらのオイルマッサージは心地よくて、あっという間に熟睡・・・。水の気満載のスパで、身体の内から浄化された気持ちになりました☆

この4種類の温泉は、泉質が異なるそうですが、イマイチ感じ取ることが出来ませんでした。

お気に入りのお湯は42度のお湯。このお湯は、目の前にロトルア湖を望むことが出来るので、時間とともに景色を変えるロトルア湖を眺めながら何度も何度も浸かりました。

折りしも、満月一日前。ロトルアに居ると、とても天が近く感じます。一日早い月光浴♪

帰国して3週間。6月末日の退職を目前に控えとても忙しく過ごしてます。写真を眺めながら英気を養ってます(笑)

ロトルアに1週間位滞在して、もっと色々なお湯に浸かってみたい♪


祝☆旅行風水2周年 [旅行風水☆全般]

旅行風水を始めて記念すべき3年目を本日迎えました。

思い起こせば、インテリア風水を楽しみながら、もっと本論を知りたいと思い申し込んだ李家幽竹先生の風水スクール

スクールに通い、旅行の効果や魅力を幽竹先生から教えていただき、初めて旅立ったのが2005年6月14日(10倍日)です。このとき行った金桜神社、昇仙峡の美しさは忘れることはありません。

旅行の毒出しにより、精神的、環境的に辛い時期もありましたが(旅行風水を始めて1年経った頃が一番辛かったです)、今は心身ともに健やかです☆

さて、余韻に浸ってばかりでblogアップが遅れているニュージーランド旅行記の続きです。写真は、2tもある翡翠の原石です☆実は、この翡翠の原石に出合う直前、デジカメを紛失しました(汗)

ロトルアに到着して、旅の疲れを癒すため朝寝坊を決め込んだこの日、宿泊していたホテルからPolynesian Spaタクシーで向かいました。

タクシー料金は10,20NZ$。20セントをお財布の中から探し出していたら、親切なタクシーのお爺ちゃん運転手さんはオマケテクレマシタ♪

お礼を言って、ポリネシアン・スパ近くのJade Factoryへ向かう途中・・・。

陽射しはキラキラ、緑の木々を見渡しながらロトルアの街の写真を撮ろうとしたら・・・、デジカメがない!

気もそぞろ、Jade Factoryの場所を確認し、大きな翡翠の原石に触れて、「デジカメ見付かりますように・・・。」と言霊を残し、すぐさま観光案内所へ向かいました。

ホテルのラウンジか、タクシーに置き忘れたと思ったので、観光案内所へ行ってホテルに電話をして、タクシーを捜そうという算段です。携帯を持っていたので、その場で電話することも出来ましたが、何とな~く観光案内所へ行こう!と思ったのです。

ニュージーランドでは、日本のような流しのタクシーはなく、主要な施設の前で待ち受けしているか、呼び出します。

落胆する私、、、苦笑いする友人。

歩いて数分の観光案内所へ向かう途中、「キット、あのお爺ちゃん運転手さんにまた会える気がする!」と言う私をいぶかしげに眺める友人。

歩いて行くと・・・。

先ほど乗ったタクシー発見☆慌てて駆け寄り、お爺ちゃん運転手さんにご挨拶、そしてデジカメのことを伝えると、後部座席にゴロンと横たわるデジカメを発見。

お爺ちゃん運転手さんに、改めてお礼を伝え、図々しくも一緒に記念撮影をしました。デジカメが奇跡的に見付かったので、再びジェードファクトリーへ♪

真っ先に、翡翠の原石にお礼を伝えました。店内には、様々なモチーフの翡翠がたくさん。それぞれのモチーフに意味があるとの事。翡翠は今年のラッキージュエリーでもあるので、お気に入りを早速吟味。

【翡翠】
「ひとつの願い事を必ずかなえてくれる石」、土の気が強いので現金収入アップや、貯蓄など、あらゆる「金」のパワーを急速にアップさせますが、金運以外にも効く万能ジュエリーです。
(「幸せを招く ジュエリー風水」、P38より)

momoさんとすみれさんが持っている憧れの翡翠のバングルに出合うことが出来ました☆店頭に並んでいたバングルは少し大きめ・・・。もう少し小さいバングルが欲しいことを伝えると、店員さんは親切に小さめのバングルを準備してくださいました。

真っ先に目に飛び込んだ、ホワイト→グリーンのグラデーションのバングルに一目惚れ、コレしかない!と思い、即決定☆

他に、ハートモチーフの翡翠のペンダントと、厄除け用の中指に着けられるリングも購入しました。もちろん、この後この翡翠のバングルと一緒にポリネシアン・スパへ入りました(笑)

ロトルアの街です♪デジカメ戻ってきて本当によかった↓


この本の文庫本版が出ると嬉しい♪旅先でジュエリーを購入するときに参考になります。

幸せを招くジュエリー風水

幸せを招くジュエリー風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2004/05/20
  • メディア: 単行本


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。