So-net無料ブログ作成
旅行風水☆南方位 ブログトップ
前の5件 | -

Waiora SPA [旅行風水☆南方位]


遂に始まりました、南方位の毒出しです(涙)

3日前、いつものように目覚め、いつものようにシャワーを浴び洗顔をしたら、お肌が変!慌てて鏡を見たら、顔の輪郭に沿って真っ赤な湿疹が大発生。

体質的に、疲労が溜まると蕁麻疹や湿疹が出来やすいのですが、見事に出ました☆

恐るべし、南方位の毒出し。。。

一向に治まる気配を見せず、顔全体に広まりつつあります(涙)皮膚科で診察を受け、塗り薬、飲み薬とともに、静養第一ですとのお言葉を頂きました。幸いにも帯状疱疹ではなかったので一安心。

それにしても、どこにどれだけヨロシクナイモノを溜め込んでしまったのか・・。この際なので全て出尽くして欲しいと切に願います☆いえ、この際全て出し切ります!

精神的に参る毒出しは、目に見えないのでとても戸惑いますが、こうして表面に出てくる毒出しは、分かりやすいい反面、肉体的な苦痛が伴いますネ。

【南方位の毒出し(帰ってきてから表れる凶意)】
肌荒れがひどくなる。特に吹き出物や腫れ物。隠しておきたいことが表に出る。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P126より)

この毒出しの引き金を引いてくれたのは、ロトルアの温泉です。中でも、ロトルア滞在3日目に行ったWaiora SPA(ワイオラスパ)の泥風呂は、強烈でした。

Polynesian Spaがある、ロトルア市街地から車で20分ほど離れたところにあるHell's Gate(ヘルズゲート)は、7万㎡以上もの広大な地熱地帯に、硫黄で変色した岩肌のあちこちから蒸気が噴出し、硫黄臭とともにその荒涼とした様は「地獄の門」の名、そのものでした。

一時間ほどかけて、地熱地帯を歩くことができます。様々な名前が付けられた22箇所のスポットは、何を見ても地球の息吹を感じます。それと同時に、この燃え上がる生気の中に佇むと悪縁、悪運が全て燃焼されていくような気さえしました。煮え立つ泥の池、それはそれはお見事でした☆

地熱ウォークを終え、敷地内にあるワイオラスパへ♪

まずは、泥風呂。ミネラルを多量に含んだ38度の地熱泥の硫黄泉にそっと足を踏み込むと、ヌメっと何ともいえない感触。

田植えの経験はありませんが、田んぼに入るとキットこんな感じかなと思いました。20分以内、限られた時間内で浸かることができます。

泥をすくって身体(顔以外)に塗るとよいとのことなので、腕、肩、背中、足と満遍なく塗りこみました。

最初ピリッときますが、泥の感触が気持ちよくて童心に返って泥と戯れました(笑)

続いて、癒しの湯“硫黄泉”へ。予約客が私たちだけでしたので貸切状態♪抜けるような青空と、心地よい温泉を独占してました。インテリアがとても素敵で、こんな温泉付きの別荘が欲しいと思ってしまうような、とても居心地よいプライベートスペースです。


こちらの硫黄泉は、前日のポリネシアンスパよりも濃く感じられました。色や匂いだけでなく、肌に触れた感触が未だかつて経験したことがないような濃さでした。

ひとしきり温泉を楽しんだ後は、お祈りから始まるマオリ秘伝のマッサージ「ミリミリ」と、フェイシャルトリートメントをして頂きました。もう、最高♪

マッサージの後は、マヌカティーとマフィンをご馳走になり、再び時間ギリギリまで温泉に浸かりました♪スタッフの方々がとても親切で、心地よく癒された一日を過ごすことができました。

この泥の匂い、帰国後数日間全く身体から取れませんでした。帰国直後、家に着いて最初に着たTシャツを筆頭に、枕カバーやシーツにまで匂いが・・・。毒出しが強いのも頷けます。

タウポ湖まで足を伸ばしたかったのですが、それは次回のお楽しみ♪限られた滞在期間の中、ロトルアで過ごした時間はとても濃厚で貴重な経験となりました。この他にも、主要な観光地「ワイトモ・ケーブ」、「ガバメントガーデン」、「アグロドーム」、「レインボースプリングス」を楽しみました。

9年後、一回り成長した私が素敵な旦那様と子供たちと一緒に、ニュージーランドをワンランクアップした旅をします←言霊☆

これにて、ニュージーランド旅行記おしまい♪

Hell's Gate(ヘルズゲート)とWaiora SPA(ワイオラスパ)です↓



旅行といえば、この本!吉方位旅行後の凶意について、詳しく記載されています↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


Polynesian Spa [旅行風水☆南方位]

ニュージーランドの雄大な自然と、澄んだ空気の中にいると、細胞が活性化されてくる気がします(笑)

国際空港があるオークランドと憧れの温泉地ロトルアは、直線距離にして約200kmも離れています。

国内線で移動するのが一番早い手段ですが、バス網が発達しているので、観光をかねてバスで移動♪

ロトルアに着いて真っ先に感じたのは、温泉の香り。香りと表現するには、少しぎこちなくなってしまう要因はやはりこの硫黄臭。

デジカメも手元に戻り、お気に入りの翡翠にも出合えて、意気揚々と訪れたのがPolynesian Spaです!そう、この温泉に入ることが旅の最大の目的です☆

レイクスパトリートメントを希望したので、ロッカールーム、パウダールーム、専用ラウンジを利用できました。南方位の旅行コードにピッタリです。

でも、残念なことに併設されているもう一つの温泉に浸かることが出来ませんでした。次回のお楽しみ☆

ニュージーランドの温泉は、水着着用が一般的です。水着に着替えて、ロトルア湖を一望できる露天風呂へ♪

外気はヒンヤリ秋の風。目の前には温かそうな湯気。36,38,40,42度の4種類の日本風露天岩風呂にぬるい順に浸かってみました。

第一印象、“ピリッ”と肌に刺激を感じます。その感覚はすぐに引き、じんわりと身体の芯から温まってくるのが分かります。お湯の柔らかさに包まれて、気分は最高☆9年後を目標にたくさん言霊を残しました(笑)

泉質は、硫黄泉とのこと。少し黄味がかっていました。

温泉に浸かってリラックスした頃に、レイクスパトリートメントの時間となりました。こちらでは、ポリネシアン スパ秘伝の水を使ったセラピー(AIX SPA MASSAGE)を施術していただきました。

体に適温のお湯を浴びながらのオイルマッサージは心地よくて、あっという間に熟睡・・・。水の気満載のスパで、身体の内から浄化された気持ちになりました☆

この4種類の温泉は、泉質が異なるそうですが、イマイチ感じ取ることが出来ませんでした。

お気に入りのお湯は42度のお湯。このお湯は、目の前にロトルア湖を望むことが出来るので、時間とともに景色を変えるロトルア湖を眺めながら何度も何度も浸かりました。

折りしも、満月一日前。ロトルアに居ると、とても天が近く感じます。一日早い月光浴♪

帰国して3週間。6月末日の退職を目前に控えとても忙しく過ごしてます。写真を眺めながら英気を養ってます(笑)

ロトルアに1週間位滞在して、もっと色々なお湯に浸かってみたい♪


Te Puia(テ・プイア) [旅行風水☆南方位]

ロトルアは、北島中央にある代表的な観光地。

ニュージーランドの先住民、マオリの文化が色濃く残り、また世界的にも珍しい大地熱地帯であり温泉が湧き出る街です♪

オークランドから、長距離バスで3時間かけてこの地に着き、真っ先に向かったのがTe Puia(テ・プイア:間欠泉)です。1963年に、マオリ文化継承を目的に創設されたWhakarewarewa The Thermal Village(ファカレワレワ・サーマル・ビレッジ)地熱地帯にある総合観光施設です。

辺り一面、硫黄の香りがプンプン(笑)広大な敷地の至る所で水蒸気が昇ります。

第一印象、地球が生きている・・・。

滞在期間中何度となく、この“地球の息吹”を感じました。地面に手を触れると、温かい♪1時間ほどかけてゆっくりと散策しました。

土地の神様にご挨拶をした直後、間欠泉が勢いよく吹き上げたのはとても嬉しかったです☆

とても大きな間欠泉に、周囲から歓喜の声が上がりました。私たちが間欠泉に居る間、途切れることなく吹き昇がってました☆

後から、聞いた話ですが時によっては間欠泉が吹き上がらなかったり、雨の多いこの地では霧が立ちこめて、間欠泉を見ることが出来ないこともあるそうです。

硫黄臭にも大分慣れた所で、今宵のお宿へ向かいました。翌日は、いよいよPolynesian Spaです!

地球の息吹です↓



Kia ora [旅行風水☆南方位]

Kia oraとは、マオリ語で「こんにちは」です。先住民、マオリ族により開墾されたニュージーランドから帰ってまいりました☆

ロトルアでの滞在時間を可能な限り伸ばしたため、オークランド市街は、ほんの少ししか散策できませんでしたが、とても楽しい旅でした。また行きたい♪

写真は、オークランドからフェリーで12分程のDevonport(デボンポート)にあるNorth Headへ行く途中に撮りました。上海ではありません(笑)

南半球で一番高いSky tower、街の真ん中でsky jump(バンジージャンプ)が出来るそうですが遠慮しました(汗)

オークランドは経済の中心地なのに、とても緑に恵まれた都市です。晩秋なのに、緑がキラキラしていて空気が澄んでいました。でも、風は秋。なぜか、旅行風水を始めた年の秋に行った京都を思い出しました。

オゾン層の破壊が進み、紫外線が日本の7倍と高く、陽が射しているときは日本人の瞳でも眩しく感じられ、サングラス&日焼け止めが欠かせませんでした。おかげさまで南方位のドレスコードであるサングラスはバッチリです(笑)

【南方位の開運ファッション】
メインカラーはイエローグリーン×白。コットン素材やストレッチ素材の洋服。耳元のおしゃれと、サングラス。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P124より)

温泉を楽しむことが旅の最大の目的、まる2日間温泉に浸っていたため、身体に匂いが残ってます。ロトルアの温泉については、改めてアップします!

一足早い、秋の景色です↓



旅の準備をするときに、必ずこの本でドレスコードをチェックします↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


憧れの旅へ [旅行風水☆南方位]

先日、内定書を頂きました☆

2ヶ月程要して、処遇等の調整をして頂き、正式な書面を頂くに至りました。最初に提示された内容があまりにもよくて、当人かなり驚きながら何の調整もなしに決定と相成りました。

本店にて、人事部長から直接手渡ししていただき、気持ちも引き締まりました。すでに、ID番号も付与され、社員になるんだぁ~とジワリ、ジワリと実感してます。

とても新鮮な気持ちで内定書を受け取った後は、健康診断へ。健康管理室の方に、「活躍を楽しみにしてるよ♪」と声を掛けて頂き嬉しくなってしまいました(笑)単純です、ハイ。

入社発令日は、7月1日。それまで約1ヶ月間、円満退職に向けて前進あるのみ♪今までお世話になった方々にお礼行脚をできるとイイなと思ってます。北海道支社は、吉方位にもなっているので、もう一度行きたい・・・。←言霊☆

採用が決まったと同時に、吉方位表とニラメッコ。次の旅行月は11月!

今までは、自分の裁量で比較的希望通りお休みを取れましたが、新しい職場は未知数です。11月の旅行月は、とても楽しく10倍日吉方位旅行が出来ました←言霊☆

新しい環境に移る前に真っ先に思い付いた事。それは、「よい意味で今の環境をリセットする」こと。

【南(九紫火星)方位】
火の気を持ち、生命を司る方位。悪い運気を強烈に燃やす作用があるため、最初に使う方位として最もお勧めです。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P120より)

連休が明けてから、幹部社員の方々と退職慰留の話し合いが続き、アルコール摂取量も増えていました。今の会社はとても好きなので、新しい会社の帰り道、駅の反対側に本社がドーン建っているのを目にすると、ちょっとセンチな気持ちになってみたり・・・。

北西の毒出しもなかなかツワモノで、寝不足&体調不良の日が続いていました。

行き先は、幽竹先生お勧めのニュージーランドです。ロトルアの温泉(詳しくは幽竹先生のエッセー2007年3月をご参照ください)に浸かって、よい運気をたくさん吸収してきます!

それにしても・・・、すでに肌荒れが絶好調です(涙)毒の前出しで、南の運気の吸収率がよくなっている事に期待してます☆

それでは、行ってまいりま~す!

ロトルアの温泉についても記載されています↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


パワースポットの図解が参考になります↓

幸せになる旅行風水 (ハルキブックス)

幸せになる旅行風水 (ハルキブックス)

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 新書


タグ:吉方位
前の5件 | - 旅行風水☆南方位 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。