So-net無料ブログ作成
旅行風水☆西方位 ブログトップ
前の5件 | -

縁結ばれ♪ [旅行風水☆西方位]

縁結ばれ♪

旅行月が終わり、真っ先に行きたかった場所、それは明治神宮です。

今回は幸いなことに10倍日を利用して伊勢神宮、出雲大社にお参りすることが出来ました。

お出かけして初めて気付く我が家の心地よさと似たような感覚でしょうか。秋晴れの日曜日に早起きをして明治神宮に参拝しました。

朝一番の神前式にも遭えて嬉しい限りです。早朝の清い空気に白無垢がひときは冴えてました。白無垢に身を包む日を夢見ながらお参りしてきました。

さて、神々の国の後半です♪

露天風呂に浸りながら、宍道湖に昇る朝陽を眺めることができました。雲の切れ間から太陽が顔を出した瞬間、4人で拍手♪太陽が出ただけで喜べる、こんな小さな幸せが楽しかったりします。

眼下に広がる宍道湖を眺めていたら小さな頃、湖と山が身近にある小高い丘の上の建つお家になぜか憧れて、こんなお家に住みたいとクレヨンで絵を描いていたのを思い出しました(笑)



朝食を頂き、朝一番に向かう先は八重垣神社です。

【八重垣神社】
本殿前で参拝した後、鏡の池のある森へ向かいましょう。森全体がパワースポットです。鏡の池ではぜひコイン占いを。縁に関する運気が強い神社です。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P194より)

鏡の池のコイン占いは、旅立つ前からドキドキしていました。水の気が強い神社といえば貴船神ですがこちらもかなり強烈でした。

なだらかな坂の途中に八重垣神社がありました。鳥居の奥に見える本殿は、水の気が強いパワースポットなのに、とても爽やかで清々しくさえ感じました。本殿でゆっくりとお参りした後は、コイン占いの紙を1枚頂き、鏡の池へ向かいます。

庭園へ向かう鳥居をくぐると、そこは別世界!前夜の雨で浄化され、辺り一面に澄んだ水の気で満ち、清らかな気持ちで立ち入らないと、一気に毒されてしまいそうな怖ささえ感じます(例えが悪いですが、綺麗なゼラチンの上にほんの少しの汚れがついただけであっという間にに全て腐敗してしまうような、そんな潔癖さです)。

頂いたお言葉は、「誠実なひと授かる」。スーッと目の前で沈むのを見届けることができました、“誠実なひと”と良縁成就できる日が楽しみです☆4人とも無事5分以内に沈んだので、願いが叶う日近し!と確信しました。

熊野大社へ向け車を走らせると、それまであった雲が徐々に拓け、青空が広がりました

抜けるような秋空の下、お参りをすることができました。

あまりにも気持ちがよくて、しばらく座って境内をぼんやりと眺めました。お天気に一番恵まれたせいか、今回参拝した4つのパワースポットの中で群を抜いて、清涼な土地と感じました。

【熊野大社】
男性的な気を持つパワースポット。目標や願いことのある人は、しっかりお願いを。生命力を与え、道を開いてくれるパワーがあるスポットです。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P194より)

旅程がよかったせいか、この時点でもまだ11時。ならば♪青空を仰ぎ、もう一度出雲大社へ(笑)この機動力のよさは一緒に旅慣れたメンバならではのこと。再び、出雲大社にお参りし、島根ワイナリーにて松江牛を頂きました。

せっかくなので、松江に戻り今年ならではの開運行動「水辺の散策」をするために堀川めぐりをしました。船頭さんのお話と水音を聞きながら、様々な角度から松江城を眺めることができました。

夕日に照らされる松江城をぼんやり眺めながら、またこの土地に来れたらいいなぁ~と思いを馳せました。お土産もしっかり購入することができ、ガイドブックに載っていた縁結ばれ(←ネーミングがお気に入りです)も手にすることができました。

源泉掛け流しのお宿にて立ち寄り湯をし、土地の気を目一杯吸収し、飛行機に乗り込み帰宅の路につきました。

今回の旅程は、三碧木星が廻座していたのでスケジュールにストレスを持たないように組みましたが、完璧なスケジュールとなりました。ご一緒させていただいた皆様に感謝です、ありがとうございます。神々の国と「縁結ばれ♪」の効果が楽しみです。








新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


神々の国へ [旅行風水☆西方位]


念願かなって、出雲大社へ行って来ました♪

旅行のキッカケは、今年初めの吉方位旅行でした。雪が残る三峯神社の参道を歩きながら、「出雲大社へ行ってみたい♪」と盛り上がることしきり。

その話が、椿大神社の帰り道に具体化して、実現に至りました。旅の友は毎度お馴染みの四録&九紫チームのすみれさん、ekuboさん、カエさん(九星順)の3人です。

羽田空港第一ターミナルは、出張で何度も何度も利用していますが、旅行となると格別です♪朝食はお気に入りのHEDIARDにて美味しいお紅茶とガレットを頂き、出雲へ向けて旅立ちました。

お天気が心配されましたが、到着時は明るい曇り空。神々の国に着きました。

レンタカーに乗り込み、久しぶりにFleurをセットし真っ先に出雲大社へ向かいました。「願いは~♪」のメロディーを聞きながら、“願いを叶えるためにこの地に来ました!”と土地の神様に心の中でご挨拶(笑)



朝の連続テレビ小説「だんだん」の放送開始と重なり、また神在月を直前に控え、祭りの前日のような高揚感が漂っていました。

大きな鳥居の前に立つと、伸びやかな気を感じ、しばし呆然とする素敵女子4人でした。緩やかな下り坂の参道を、少しだけ色付き始めた木の葉を見上げながら歩きました。祓橋を渡ると真っ直ぐな松並木の参道に変わります。この地の気質でしょうか、とても大らかで穏やかな気持ちになりました。

この地に来られたこと、健やかな毎日に感謝の気持ちをお伝えし、今一番のお願い事をお願いしました。目にするもの全てのスケールが大き~い!

ぜひ、早朝の静かな時にゆっくりと参拝してみたい場所です。いつか、実現したいです☆

【出雲大社】
巨大神殿の神話がある神社。その由来通り、ここの気は、高いところに流れています。空を見上げるのが運気吸収のポイント。縁に関する運気が上がります。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P194より)



出雲大社で良縁の気をたっぷり頂いた後、次なるパワースポット一畑薬師へ向かいました。国道を走り、ナビと看板を目印に進むと・・・、道がみるみる険しくなり勾配もきつくなります。一体どこへ行ってしまうのか不安になりましたが、何とか到着。

駐車場に降り立つと、雨がしとしと・・・。出雲大社とは対照的なほど静かな境内をゆっくりと参拝しました。晴れていたら秋風を感じながら山の上の澄んだ空気を肌で感じられそうな場所でした。

【一畑薬師】
努力や安定、健康を与えてくれるスポット。パワースポットは本殿前。本殿脇で飲めるお茶はぜひ飲んできて。
(「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」、P194より)

今回の雨は、私たちの気をキット浄化してくれたのでしょう。茶葉を買い、一畑薬師を後にしました。

まだ少し時間があったので水の都、城下町の趣が漂う松江の街を散策しながら天然石のお店に立ち寄りました。日も暮れた頃、ホテルにチェックイン。源泉を堪能し、美味しいお料理と、楽しいお話で盛り上がり、夜は更けました(つづく)。





まだまだ行ってみたいパワースポット↓はたくさんあります♪
新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本



吉方位旅行のときは、必ず持って行きます↓
李家幽竹コンピレーションアルバム

李家幽竹コンピレーションアルバム

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • 発売日: 2006/03/29
  • メディア: CD


伊勢神宮へ [旅行風水☆西方位]

すっかり秋ですね。

10倍日(9/26)を利用して、伊勢神宮へお参りしてきました。

今回の旅は、土地の神様にお呼ばれしたかのように、“行けたらいいなぁ♪”が一気に進み実現しました。

momoさんの素敵なお写真を拝見し、夫婦岩から昇る朝陽を拝みたくて、二見浦近く、温泉のあるお宿に宿泊しました。

翌朝、5時に目を覚まし二見浦へ行くとすでにたくさんの方が日の出待ちをしていました。前夜、風が強かったため波が少し高く、先端に立つと波しぶきが飛んできます。

雲の切れ間から徐々に朝陽が差し込み、夫婦岩越しに空を仰ぐとそれはそれは幻想的でした。

お宿に戻り朝食をしっかり頂いた後、伊勢神宮へ向けて出発。二見浦駅で電車を待っていたら、青空に秋の雲が一本、スーッと気持ちよく伸びていました。

伊勢神宮(外宮)の鳥居をくぐろうとした瞬間、私たちを照らすかのようにパーッと太陽が照付けました。

ゆっくりと参道を歩き、御正殿にてお参りをしました。清廉な空気に身が清められるような気がしました。三石を拝み、多賀宮をお参りし、勾玉池眺め外宮を後にしました。

タクシーにて内宮へ移動。内宮の鳥居をくぐろうとした瞬間、再び私たちを照らすかのようにパーッと太陽が照付けました。ゆっくりと参道を歩み、五十鈴川のほとりで川面を眺めながら、ぼんやりと過ごしました。

内宮では、歩いては佇み、佇んでは歩くといった具合に自然に足が止まりました。気を吸収できたかしら?!

本殿にてお参りをし、引き返そうとした瞬間、木漏れ日が眩しいくらいに降り注ぎました。偶然かもしれませんが、この先よいことが起きるような気がしました☆

【伊勢神宮】
新しい自分に生まれ変われる運気を持ちます。五十鈴川御手洗場では川に手を浸けて気の吸収を。
(「幸せになる旅行風水」、P122より)

内宮をお参りした後は、おかげ横丁へ。

事前にsizukuさん、☆ハルヒ☆さんにお勧めのお店を教えていただいていたので、有意義に過ごすことが出来ました。貴重な情報をありがとうございます♪

お宿に到着して、お茶を頂いていたら空色が紫色になりました。ほんの5分程でしたが、とても美しい夕焼けショーを眺めることが出来ました。この日は、太陽に見守られた不思議な一日となりました。

旅の締めくくりは、名古屋駅で前回素敵女子の皆さんと満席のため食せなかったまるや本店にてひつまぶしを美味しく頂きました。

久しぶりにのんびりとした2泊3日の旅行をすることが出来たこの環境に感謝します、効果が今からとても楽しみ(笑)ですが、旅行へ行けただけでも充分幸せです。

旅行月も残りわずか。ラスト10倍日は、素敵女子の皆様と盛り上がりまーす!楽しい旅行になりますように←言霊☆




旅行月になると、こちら↓が大活躍♪

幸せになる旅行風水

幸せになる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 新書


椿大神社へ [旅行風水☆西方位]

昨日は、☆ハルヒ☆さんに会いに名古屋へ行ってきました♪

すみれさん、ekuboさん、カエさん(九星順)は一足先に夜行で出発。担当している会社で、株主総会が開催され、夜行の出発時刻に間に合いそうになかった私は、翌朝一番ののぞみ1号で名古屋入り。

N700系ののぞみに初めて乗りましたが、“進化”を感じました☆

降水確率90%、大雨注意報も出ていましたが、不思議な程お天気に恵まれました。土地の神様ありがとうございます♪

「おはよう♪」の挨拶で楽しい一日の始まりです!

☆ハルヒ☆さんのご主人の一押で、コメダ珈琲にてモーニングを堪能。小倉トーストと、シロノワールに絞りたてのレモンスカッシュを頂きました。

お腹も満たされた所で、本日のお目当てである椿大神社へ向かいました。

走り出した直後から雨が・・・、高速に乗る頃には大雨に・・・・。向かう先の雨空は濃く雨が止む気配は全くなし。途中、渋滞にも遭遇(笑)←ekuboさん、カエさん、私の3人は、北東旅行の直後だったからかしら?!

高速を降りると次第に雲が薄くなり、あら、アラッ?雨が止みました♪というか、晴れました!

2年半振りの椿大神社。初めて訪れたのも6月、梅雨の季節です。雨上がりの参道は、水の気に満ち、とても優しく感じられました。ここでも、茅の輪をくぐり、半年間の罪や穢れをお祓いしました。

本殿前で、ゆっくりとお参りし、絵馬を書き、恋おみくじを引きました。頂いた言葉は、思い当たらない事が多く、心を戒め感謝の気持ちを伝え結びました。

続いて、お隣の別宮・椿岸神社へ。

水の気を強く感じる場所ですが、澄んだ水の気を感じます。時折、青々とした木々の隙間から陽射しが差し込み、私たちを照らしてくれまました。

【椿大神社】
様々な意味で自分が向かう道を示してくれる強力なパワースポット。恋愛運が欲しい人は、花形のおみくじを引いて。その中に椿をかたどったチャームが入っていますので、それを携帯電話につけてしばらく持ち歩きましょう。恋愛運を望む方は、別宮の椿岸神社にも立ち寄って。
(「絶対、運が良くなる旅行風水」、P188より)

お参りした後、もう一度恋みくじを引いてみました。めでたく大吉♪頂いたお言葉もとてもよく、赤い椿のチャームは直ぐに携帯に着けました(笑)


お参りした後は、sizukuさん、☆ハルヒ☆さんのblogで紹介され、一度は行ってみたかったアンジェリークへ。ハート型をしたインカローズ1個とローズクオーツを2個お買い上げしました。早くスクールで習ったパワーストーンの活用方法をマスターしなきゃ!

思いの外、店内でゆっくり過ごしたので、ランチは名古屋飯を求め移動してから頂く事にしました。またまた渋滞に遭遇しつつ、ジャズドリーム長島に到着。

宮きしめんにて担々きしめんを頂きました。広い店内には、魅力的なブランドが勢揃い。少々作戦会議をした後は、お店へ♪

Arnold Palmerにて、麻の白いジャケットを半額にてお買い上げ♪

白いジャケットは、夏場とても重宝します!ワンピース好きの私としては、ワンピース+白ジャケットはスーツ同様の扱いです(笑)

ココから、お買い物スタート♪あれこれ眺めては、手にしてみたり、試着してみたり、とても楽しいお買い物タイムでした(笑)

歩きつかれた足を癒すため、長島温泉湯あみの島へ。

露天風呂が充実し、一通り浸かる私たち(笑)お天気に恵まれた一日でしたが、露天風呂に浸かると雨が・・・。熱る身体に雨が心地よい♪思い思いに湯に浸かりながら、話に花が咲きます♪

☆ハルヒ☆さんが作ってくれた「旅のしおり」。予定時間をかなりオーバしてしまい、色々とリスケジュールして下さり、20時には名古屋に到着!ひつまぶしのお店まるやに着くも長蛇の列・・・。40分待ちを諦めて、みそかつを求め矢場とんへ。運良く、私達が並んだ直後、長蛇の列に変身。

美味しくみそかつを頂き、旅の締めくくりとなりました。

名古屋駅にて、☆ハルヒ☆嬢と涙のお別れ・・・。その後、新幹線の切符を急いで購入、改札を抜けるとホームまで全力疾走(笑)これまた運良く、21:30発のぞみ50号に乗車できました。←1本前のひかりを抜いて、お早いお帰り♪

眠気も吹っ飛び、関東組は「旅のおもひで」話に夢中になり、気付けば車窓には見慣れた景色が・・・。今回もとても楽しい日帰り旅行となりました。

☆ハルヒ☆さん、旅のしおり作りから、旅のおもひで作りまで、色々とありがとうございます♪家に着いて、頂いたお土産を開け、夜中にひとりで笑ってしまいました。ご主人にも、お礼をお伝えください。近々、お礼状を“葉書”で送りますネ。こちらにいらした際は、ハトバスツアーを開催しま~す。

すみれさん、ekuboさん、カエさん、毎回楽しい旅をありがとうございます。また一緒に遊びましょう♪

先月と今月で南西×北東と旅をして、今回は西へ。こうなれば、続くは東へLet's GO!




新しい版が刷り上ったら、また購入しまーす↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


金櫻神社 [旅行風水☆西方位]

キット、今日あたり鬱金櫻が満開でしょうか?

金櫻神社は、私にとってとても思い入れのある神社です。その理由は、初めて旅行風水でお参りした神社だからです♪

幽竹先生のスクールに通うまで、「旅行風水」を全く知らなかった私です(笑)

初めてお参りしたのは、2005年6月14日(10倍日)です。

それから3年もの月日が流れたのですね・・・。今回は、スクールのお友達のうさぎさんと行く予定がお互いの仕事が忙しく一度は断念しました。でも、未来日記の効果でしょうか?お休みを取れると分かり、急遽、母を誘い行って来ました。

連休前日の中央自動車道は空いていました。

早朝の金櫻神社は、参拝者もなく、前日までの雨で散った桜の花びらが絨毯のように敷き詰められており、神社が桜色のオーラに満ちていました。

急な階段を元気よく先に登った母の声が「ココ、桜が綺麗よ♪」、「あら、この奥の桜が最高!」、「ピンク♪」と次々降ってきました。。。

もっと、ゆっくり見たいのに・・・。



金櫻神社周辺の桜は、見事、満開に咲き誇っていました。長い石段を登り、本殿に到着♪

真っ先に「鬱金桜」にご挨拶。長く伸びた枝の先に、黄金色の綺麗な花が咲いていました。写真では見たことがある鬱金櫻を、こうして母と一緒に見に来る事が出来た事に感謝、朝陽にキラリと輝く花弁を眺めながら土地の神様にお礼を伝えました。

本殿でお参りをし、ゆっくりと境内を散策しました。

約3年前、この土地に初めてお参りした私は、旅行風水なんて全く知らず、半信半疑・・・。しかも、神社にお参りすること自体とても久しぶりで、お参りって何をしたらよいのか?サッパリ分かりませんでした(笑)

唯一、帰り道に気づいたことは、根拠のない清々しさを家族や友達、強いては彼と共に分かち合いたい♪という気持ちです。今では風水が、生活の一部と化しています。

社務所では、桜の季節限定の金色の鈴を母とお揃いで購入、水晶のお守りは父へのお土産に。

【金櫻神社】
鬱金桜の咲くシーズンが、最も強い生気に満ちています。駐車場からの脇道を使わず、長い石段を上ると、気の流れが実感できるはず。鬱金桜前の御神水を飲みましょう。
(「絶対、運が良くなる旅行風水」、P184より)

風水素敵女子の皆さんとの参拝が近頃の定番になっている私にとって、少々慌しい参拝となりました(笑)ゆっくり絵馬を書こうにも、話しかけられ息も止められない・・・。

いつもと違う参拝でしたが、楽しめました。

頂いた御神籤は確か、末吉・・・。なぜ「確か」かと言うと、頂いた内容が過去とビンゴだったので直感で浄化されたと感じました。結びたかったのですが、結ぶ場所が見当たらなかったので、社務所で頂いた袋に入れました。帰宅後、あちこち探しても一向に見当たりません。桜が咲く境内で見た後、一度も目にすることなく姿を消してくれました、不思議。

のんびりと桜と一緒に過ごしていたら、観光バスが到着♪団体様ご一行が到着されました。賑わい始めた頃には退散(笑)

昇仙峡影絵の森美術館では、光と影が奏でる美しさに魅了されました。藤城清治さんの絵本は、小さい頃に母がよく読んでくれました。遠い記憶にしっかりと残る絵が何点もあり、懐かしい気持ちになりました。今回一番釘付けになったのは、「人魚姫」です(笑)もちろん、お買い上げしました。水の年の今年にもピッタリかも♪

mermaid.jpg
※HPから画像をリンクさせて頂いています※

影絵を見た後は、山梨ワイン王国へ。お店の方がとても親切で、山梨のワインについて、色々教えて下さいました。お土産のワインもバッチリ購入できました。この4連休は、大盛況なのでしょうネ。

お隣のローズガーデンでは、チューリップが満開。残念ながらバラの見頃は2ヵ月後とのことでした。

昇仙峡では、仙娥滝にて水の気を吸収♪

天然石のお店が点在しており、ついつい惹かれてしまいます。昇仙峡をハイキングするにはとてもよい季節ですが、5km(約2時間)を往復するのはチョッと厳しかったので、今回はドライブしながら景色を眺める事にしました。

帰り道の途中にある、湯村温泉の自家源泉かけ流しのお宿「湯村ホテルB&B」にて源泉を堪能しました。

コチラは飲泉もあります、硫黄の臭いがするショッパイお湯を、露天風呂に浸かりながら頂きました。

源泉で温まった後は、ゆっくりと昼食を頂き、帰宅の途に着きました。甲府は、仕事で何度も足を運んだ土地です。弱冠、数年目の私がセミナ講師をした甲府富士屋ホテルの前を通り過ぎたときは、懐かしさとともに、恥ずかしさが込み上げました(笑)



西へ行ったら、次は東へ行きたくなりますよね?!行ってきまーす♪



“絶対”なんて信じられませんでしたが↓、今では確実に運が良くなっている事を実感してます♪

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本



前の5件 | - 旅行風水☆西方位 ブログトップ