So-net無料ブログ作成
旅行風水☆西方位 ブログトップ
- | 次の5件

椿大神社 [旅行風水☆西方位]

2005年6月23日、この日は旅行月2回目の10倍日でした。

幽竹先生のスクールで知り合ったお友達と東京駅で待ち合わせ、7時発ののぞみで名古屋入り。事前に椿大神社のHPで境内の写真を見てはいたものの、実際にその土地へ行けるとなると心躍ってしまいました♪

名古屋から四日市まで急行を利用、四日市から椿大神社までは三重交通バスを利用しました。

タクシー30分、バスで50分、はやる気持ちを抑えつつバスに乗りました(さすがにこの距離をタクると少々お高いので、断念しました)。市街地からどんどん山奥へとバスは進んでいきます。茶畑を抜け、細い道を通り、ようやく到着☆

一の鳥居で一礼して、足を踏み入れました。広くて真っ直ぐな参道の両脇には、太くて真っ直ぐ天に向かって伸びている杉の木が生茂っていました。この神聖な空気はパワースポットだから?とても神聖で、だからといって近寄りがたいとかそういうのではなく、高貴とか、高尚とかとはまた違った空気に満ちていました。

この日も10倍日とあって、幽竹さんお勧めファッションの女性をお見受けしました。参道を大きな大きなS字を描きながら、友達と2人のんびりと歩きました(S字の半円は20~30mがよいそうです)。鳥居を一つ、また一つ、くぐるにつれて写真で見た本殿が近づいてきます、明らかに胸が高鳴ってました。今思い返せば、幽竹先生が大絶賛されていたこともあって、少々緊張していたかも。

最後の鳥居をくぐり、本殿前の石畳でしばし深呼吸。本殿でお参りし、護摩木を書いておみくじを引きました。この頃は、いざ護摩木や、絵馬を手にしても、思いや願いはイッパイあるのに、何を書いたらよいか頭の中がよく真っ白になっていました。簡潔に、願いを書けるって、それだけきちんと自身の中で気持ちが整理されているという証。椿大神社へ行って、妙に実感したことの1つです。それ以来、パワースポットへ行く前夜、お気に入りのメッセージカードに自分の願いを書くことが習慣になってます(笑)

椿恋みくじは、可愛らしい椿のチャームが入っていました♪私は白の椿を頂きました。白って、なんとなく浄化された気分。今年1月、改めて椿大神社へ赴きました。そのときは、巫女さんのチャームを頂きました。巫女さんって、何か特別な意味があるのかしら?内容もとてもよかったように記憶しています。でも、中吉だったので結んできました☆

本殿や本殿前の石畳、本殿近くにある大木の周囲は特にパワーを頂けたような気がしています。

本殿でお参りした後、お隣りの「別宮椿岸神社」へ。ココでは恋愛運をアップできるとあって、気合を入れてお参りしました☆別宮椿岸神社は猿田彦大神の妻神、天鈿女命を主神とし、縁結びの神として信仰されているそうです。本殿でお参りをし、湧き水でお水取りをしました。もう一度、お参りしようと思い本殿へ向かったら、巫女さんが「よかったら中に上がられますか?」と声をかけて下さいました!

ちょうど神前式が執り行われるらしく、式の準備が整った後のようでした。これから神前式が行われるその場に入れるなんて、とても嬉しかったです。縁結びの運気をたくさん吸収♪神前式に必要な榊や、食器、お箸が綺麗に並べられていました。パワースポットで神前式を挙げるのって、いいかも。いつか、私も!

神前の前で存分に気を頂いていたら、外は大雨・・・。この日は、梅雨空のどんよりしたお天気、降っても霧雨だったのに、この別宮の中に居たときだけは、本当にどしゃ降りでした。雨の日は、晴れの日と違った気を頂けるという言葉を信じたくなりました。願いが叶うかも☆、なんてかなり勝手に前向きに解釈した次第です。

存分に気を頂いて、巫女さんにお礼をして別宮椿岸神社を後にしました。雨が去った直後、太陽が見えました♪晴れと、雨の両方の気を頂けたと思ってます(笑)

この後、湯の山温泉で日帰り入浴しようかなと計画していましたが、時間的に余裕がなくなってしまったので、次回へのお楽しみにしました。帰路へついた途端、物凄い倦怠感に襲われました。帰りのバスの中では、頭がガンガン、吐き気爆発、会話もできない状態でした。これが、毒出し?これがパワースポット?行くまでは動悸や、吐き気、頭痛なんて、緊張していたせいかさほど感じなかったのに、帰り道はクラクラでした。

来月、10倍日から13ヶ月を迎えます。この1年、「4,7,10,13の法則」に従い、7ヶ月目に比較的強い運気を頂けたように思います。ラスト13ヶ月目は、今までにない大きな運気を頂けることを期待してます☆また、椿大神社へ行きたい!

 

椿大神社のことが記載されています、吉方位旅行へ行くとに持っていきたい1冊です↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本



貴船神社 [旅行風水☆西方位]



昨日、今日とお天気続きですが、水の神様「貴船神社」のお話を書こうと思います♪写真(右)は、貴船神社の奥社です。

私が貴船神社を訪れたのは2005年7月2日、昨年の10倍デーです。幽竹さんの携帯サイトで貴船神社に関する記述を見てまさにこれだ!と思いました。

貴船神社は「この先、縁がない人と環境が判断したら、縁が切れてしまう可能性がある強力なスポット」とのこと。南方位を使えなかったので、貴船神社で悪縁切りをして、出雲大神宮で縁結びの運気を頂こうという考えです(笑)

移動時間より、パワースポットに滞在する時間を少しでも長くするために、朝1番ののぞみで京都入。出張では何度も訪れている土地ではありますが、こうして観光のためだけに京都へ行ったのは実に修学旅行以来でした。土地勘もないまま、入念に練られた?スケジュール表を片手に叡山電車で、出町柳駅から貴船口を目指しました。

貴船口から 京都バスに乗り換え、ようやく貴船神社近くに辿り着くことが出来ます(←バス停から、さらに5分ほど歩きます)。”神社へ行くなら、一の鳥居から♪”ということで、貴船口でバスに乗るまで僅かに時間があったので、一の鳥居をくぐりました☆(←バス停から一の鳥居は、ちょっと離れています。そのままバスに乗ると、一の鳥居をくぐることが出来ません。)

貴船神社「本宮」の石段を登りながら、川床のせせらぎを耳にし、”京都へ来た!”と妙に実感してしまいました(笑)本宮は、改修工事が行われており、新しく貼られた銅版がまだキラキラと光り輝いていました。ここは、鴨川の水源地にあたり、古来より水の神さまとして崇められてきたそうですが、絵馬発祥の地でもあるそうです。

本宮でお参りをして、次に中宮(結い社)へ。貴船神社へ行った当時、幽竹さんの著書「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」が発刊されていなかったので、縁結びの願いが叶うといわれる結い社へ赴きました。。。その昔、和泉式部もお参りしたこの「結い社」ですが、私はダメでした。せっかくだから!と思い、ぐるりと中を一周しましたが、どうしてもここの気は・・・。私のつたない語彙力で表現させて頂きますと、嫉妬の念が渦を巻いているような気がしてなりませんでした。

帰宅後、貴船神社にまつわる著書を読んで妙に納得・・・。さらに、幽竹さんの著書「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」を、読んでまたまた納得。”「結い社」には近づかないように”とのこと。これからは、自らの感性に素直に反応しようと思いました(笑)

「結い社」からさらに歩くこと、15分。ようやく「奥宮」へ到着です。ココの気は大好きです。「本宮」は賑わっていましたが、「結い社」も、「奥社」も、まったく人がいませんでした。人が居ない方が、気の吸収は上がるのでしょうか?充分に気をいただけた気がします♪

特に、「奥社」の本殿前は最高でした。その場所が本殿なのかも分らず、お参りしたのですが、帰宅後、貴船神社に関する資料を読み漁り、これまた納得。現在は奥宮となっている地が、その昔本宮であったとのこと。奥宮の鎮座地は貴船の谷の一番低い所にあり、しばしば水の害に遭い、天喜3年(1055年)に貴船神社本宮を現在の地に遷されたそうです。また、この奥宮本殿の下は龍穴になっているそうです☆

気持ちがとても健やかになれたのは、この龍穴のおかげですネ。貴船神社でお参りする途中、雨が降ると願いが叶いやすくなるそうです。この奥社で、心の中で願いを唱え、天を仰いで見ました。梅雨の曇り空のなか、確かにパラパラっと雨粒が落ちてきました!とても嬉しかったです。その後、船形石の前でいつも参加させて頂いているヨットの安全もお祈りしておきました。

貴船神社の後、出雲大神宮へ行くことを予定したいたので、時計を見つつ奥社を後にしました。パワースポットでは「時間に追われないこと」というのが、過ごし方の1つではありますが、この貴船神社は確かにとても強力な水の気を持っていると感じられたので、午前中だけで充分でした。帰り道、結い社へ立ち寄ることはパスしました(苦笑い)本宮へもう一度お参りをし、お水を頂き貴船神社を後にしました。

バス停で、貴船口行きのバスを待ちながら、縁結びのお守りを鞄に着けてみました♪貴船口まではとても狭い山道を下ります。歩いている方もいますが、今回は時間節約のため往路、復路ともにバスを利用しました。しか~し!細い山道は大渋滞、叡山電車の発車時刻が刻々と迫り、かなり焦りました。でも、観光地のよいところですネ!バスが到着するまで、電車発車を待ち合わせしてくださいました。観光する人に優しい土地です。おかげ様で、出雲大神宮へ12時台に到着することが出来ました☆

この、貴船神社の効果はいかに???旅行風水の、「4,7,10,13の法則」に従い、7ヶ月目の2月2日、福引でiPod nanoが当たりました。次は13ヵ月後、素敵なサプライズが起きますように!!!


あと、1ヶ月早く出版されていれば・・・(笑)、パワースポットの過ごし方や、旅行風水の効果が記載されています↓もちろん、貴船神社の記述もあります!

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本


大好きな出雲大神宮 [旅行風水☆西方位]

東京地方は入梅したかのようなお天気、まるで私の気持ちを反映したかのような今日のお天気、天を仰ぎながら、”雨雲の上は太陽キラキラ”を一生懸命想像していました。飛行機に乗りたい(笑)

さて、毒だしに遭遇すると毎回行きたくなる場所のひとつが京都の「出雲大神宮」です。昨年の旅行月(2005年6月)の10倍日、7月2日に初めて参りましたが、それ以来、吉方位である月を選んでこの1年で4回も足を運びました♪←それくらい、ひきつけられる土地です。

初めて参った日は、午前中に「貴船神社、午後一「出雲大神宮」へ行くというパワースポットのはしごを実行しました。貴船神社は「水の神様」の一言に尽きます、とても素敵な土地でした(後日、改めて書きたいと思います)。

きらびやかでない、素朴な佇まいとは対照的に、とても力強いパワーを感じる神社です。ここの神社、丸一日居ても飽きないです。御神体山・御影山山麓の社殿を、社務所の縁側から眺めているととても心が癒されます♪

 社殿造営は元明天皇和銅二(709)年10月21日ととても古く、随所に歴史を感じることができます。平成21年10月21日は社殿創建1300年記念事業が執り行われるとのことですから、是非ともお参りしたいです。吉方位であると嬉しい♪

初めて参った日、梅雨明けしていない空模様に気を利かせてくれた巫女さんがお座敷を開放してくださいました。雨が降ったり、やんだり、急に夏を思わせる太陽が顔を出したりと、お天気がめまぐるしく変わる中、とても嬉しかったのを覚えています。

出雲大神宮へ行かれた方ならご存知かと思いますが、表参道に出店があります。そこの飴屋のおばさんはとても気さくで、幽竹さんお勧めファッションをした女性を見かけては、「幽竹さんの本を見ていらっしゃったの?」と優しく声をかけてくれます。独りで、初めて訪れたとき、このように話しかけていただけたのは、心強くもあり、とても嬉しかったです。

2回目にお参りしたときは、偶然にも宮司である岩田昌樹さんにお会いすることも出来ました。これも何かの縁でしょうか?快くお座敷まで招き入れて頂き、お茶を点てて頂きました。小一時間お話をさせていただき、とても心豊かになれました(一緒に行った友人は、磐座に近づいた瞬間からモノモライを煩っていました・・・。)。以来、出雲大神宮へ参るときは必ず宮司さんにご挨拶しています。

「必ずいいことあるよ、おおきに♪」と宮司の岩田さんをはじめ、出雲庵(出雲大神宮の隣にあるお蕎麦屋さん、絶品です!)のご主人、タクシーの運転手、この土地で出会った方々に声をかけていただきました☆

私にとって、出雲大神宮はとても温かい土地です。今年始め、西方位ラストチャンスを活用し、お参りした際、「2006年の西方位は五黄殺と幽竹先生がおっしゃっているから、東京から人が来なくなるねぇ。また、いらっしゃい!」と寂しげにおっしゃっていたのがとても印象的です。次、お会いできる日を楽しみに、帰路に着きました。

この神社のパワーの源、磐座の写真です↓。他にも出雲大神宮の写真をこちらでご紹介しています。

 


下鴨神社と出雲大神宮の毒だし [旅行風水☆西方位]

吉方位旅行をする際に、行く前、行った後、に心がけていることがあります。それは、行く前にお部屋のそうじをすること。行った後に身体を休めること。この2点です。

行く前にどんなに忙しくても、簡単にお部屋を片付けるようにしています。もちろん、時間があるときは入念にトイレ掃除まですることもありますが、それは稀だったりします・・・。

幽竹さんの著書(「絶対、運が良くなる旅行風水」)によると、お部屋は旅行から持ち帰った運を貯めておく空間であり、旅行で得た運は睡眠を取ることで定着するそうです。帰宅後、ベッド周りが整っているとやっぱり嬉しい♪

さて、1泊2日の日光旅行から帰宅した明くる日の本日、お土産を手にし、頂いた観光案内や手元に残った切符、入場券の半券を眺めつつ、のんびりしております。北の運気吸収中☆

デジカメで撮った東照宮の写真を見ていたら、口の中に違和感!その正体は口内炎。。。お昼を過ぎたあたりからみるみる膨れ上がり、口の中で”これでもか!”と存在感を示しています。疲れが出たから?ビタミン不足?不摂生?ストレス?などなど、原因に思いをめぐらせましたが、これは西の毒だしという結論に達しました。

ちょうど6ヶ月前の11/4,5と1泊2日で京都(東京からの方位は西です)へ旅行しました。このときは、初日に下鴨神社、翌日に出雲大神宮を満喫しました☆西の凶意で私が体感しているのは、口内炎です。この口内炎で、何個目でしょうか?旅行から7ヶ月目の来月、幸運が舞い込むことを楽しみに、口内炎が鎮まるのを静かに待つことにします♪西の運気は金運や楽しみごと、豊かさをもたらしてくれるので、期待しちゃいます☆

毒だしの口内炎は不思議と1日で治まります。風邪のときは1日で治らないので、1日で治まる口内炎は「毒だし」と思うようにしてます。

せっかくなので、下鴨神社と出雲大神宮について記しておきます。下鴨神社は、「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」とも言い、世界遺産に登録されています。この神社は京都で一番強いパワースポットとのこと。愛情や、信頼、恋愛運を得ることができるそうです。本殿へ向かう参道は「糺すの森」と呼ばれ、歩いているだけで気持ちがただされるような気がしました。だから、糺すの森なんですね♪深呼吸しながら、生気を存分に吸収しました。

写真は、下鴨神社の楼門。ここへ来るときは必ず雲ひとつない青空に恵まれます。透き通るような空色と、楼門の朱色が対照的でとても美しい↓

出雲大神宮は初めて参詣したときから、快く私を迎え入れていただいたような気がして、とても大好きな場所です。宮司の岩田昌樹さんはとても親切な方で、行く度にお会いできることを楽しみにしています☆

出雲大神宮へ行かれた方なら、お分かりかと思いますが、出店の飴屋のおばさんはとても明るく、道行く人に声をかけられていました。ここの磐座はスピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんもお勧めしているそうです。ヒラヒラスカート&ミュールの幽竹さんお勧めファッションの女性を見かけると、「幽竹さんの本を見られていらしたの?」と優しく声をかけられているお姿がとても印象的でした。独りで参詣した際に気さくに声をかけていただけたのはとても心強く、嬉しかったです♪

写真は出雲大神宮のパワーの源と言われている磐座です。宮司さん曰く、”必ず、いいことあるよ♪”とのことです↓

出雲大神宮のことを書いていたら、京都へ行きたくなってきました!今年は残念ながら、西方位は五黄殺。五黄殺は、最大凶方位のこと。今年は残念ですが、その分他の方位へ行くことを楽しみたいと思います!

旅行風水へ行くとき、いつも携えている本です↓

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

新版 絶対、運が良くなる旅行風水

  • 作者: 李家 幽竹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/08/27
  • メディア: 単行本

金櫻神社 [旅行風水☆西方位]

2005年6月14日に、金櫻神社へ行ってまいりました。
この日が私のパワースポットデビュー記念日です。

今週に入りニュースや、新聞で桜の開花宣言を見聞きし、真っ先に思い浮かんだのが金櫻神社の「鬱金櫻」です。今年も綺麗な花を咲かせることでしょう・・・。東京から見ると甲府は西、残念ながら2006年の西は五黄殺にあたるため、行くことが出来ません。残念!テレビで公開されることを期待します。

この金櫻神社は、金峰山山頂の里宮。本殿脇の「鬱金(ウコン)の桜」は大ぶりな薄黄色い花をつけることで有名。黄色がはっきりするのは5~6分咲きの段階で例年4月下旬頃とのことなので、ご近所にお住まいの方(金櫻神社から35km圏内の方)はこれから1ヵ月後が楽しみですね♪

幽竹さんの著書によると、金櫻神社は「金運・恋愛運アップの効果が期待出来る」そうです。旅行から9ヶ月経っているので、そろそろ素敵なことが起きます!鬱金櫻の咲く時期が一番パワーがあるそうですが、葉桜でも十分パワーを頂けました☆

この神社ではお水取りもでき、社務所ではお砂も売っていました。お砂と、お塩を購入しジュエリーのパワーチャージに活用しています。

金櫻神社のある、昇仙峡の仙娥滝はとても美しく、癒されました。滝って見ていても飽きないですよねー。東京から百数十キロの所に、こんな素敵な秘境があったとは驚きです。

季節柄、蚊が多かったのには参りました。パワースポットの近くには必ず明堂水と呼ばれる水龍があるので、蚊が元気なんですよねー。もう少し暖かくなってきたら、パワースポット巡りに虫除けスプレーは必須です。

写真は仙娥滝です。昔、この付近では水晶が採掘されていたそうです。


- | 次の5件 旅行風水☆西方位 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。